絶対零度シーズン4(2020)

絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ感想|危うい井沢さんが刺激的!

絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ・感想

「絶対零度シーズン4」が2020年1月6日から放送開始しました!

本田翼、沢村一樹、横山裕らの続投に加え、新たなレギュラーキャストも追加されています。

今回は、絶対零度シーズン4(2020)第1話

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • ドラマの感想

について紹介していきます。

絶対零度(2020)1話あらすじ

日本国民のあらゆる個人情報や全国の監視カメラの映像などが集約されたビッグデータを解析し、AIが統計学的に割り出した”未来の犯罪者“を、潜入・追跡捜査して犯罪を未然に防ぐ未然犯罪捜査対策準備室・通称『ミハン』。この特命班のリーダーを務める井沢範人(沢村一樹)は、元公安のエリート刑事だが、ミハンシステムによるテストケース『0号』の冤罪事件が原因で、妻と娘を無残に殺された過去を持つ。普段は物腰も柔らかく、飄々としていてつかみどころがない井沢だったが、その裏側には刑事としての一線を超えてしまいそうな凶暴性も内包しており、警察上層部からも危険視されていた。

井沢は、ミハンが割り出した麻薬組織同士の争いを抑止するため、メンバーの山内徹(横山裕)や小田切唯(本田翼)らとともに東京と香港を結ぶクルーズ船に潜入。新たに加わった伝説のハッカー・加賀美聡介(柄本明)の支援もあり、事前に犯行を防ぐことに成功する。

別の日、井沢は、山内や小田切、新メンバーのキャリア・吉岡拓海(森永悠希)とともに、ミハンの新たな拠点となる施設に集まる。そこは、移転が決まっている公営卸売市場の地下だ。そこで井沢たちを待っていたのは、ふたりの法務省官僚――北見俊哉(上杉柊平)と、自らミハンの統括責任者を志願した香坂朱里(水野美紀)だった。

香坂は、皆の前で井沢の過去とその危険性に言及し、改めて人員の見直しをするとしながらも、さっそく捜査の指示を出す。それは、ミハンが同時にふたりの危険人物を探知するという、初めてのケースだった。
井沢たちは、その危険人物たち――弁護士の田代智之(中林大樹)と、刑務所から出所したばかりの風俗店店員・藤倉尚也(篠原篤)を探るが、ふたりの間に接点はなく……。

出典:「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」公式サイト

絶対零度(2020)初回ゲストに柄本時生が登場!

2020年1月6日に放送された「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン4第1話に、柄本時生さんが登場しました。

柄本時生さんは前作では資料課の南彦太郎みなみひこたろう役としてレギュラー出演していましたが、今回はゲストという扱いに。

初回のみ登場で、今後の予定はないようです。

その代わりと言ってはなんですが、父親の塚本明さんが新たにミハンメンバーとして加わった加賀美聡介かがみそうすけ役としてレギュラー出演することになっています。

親子出演に対するTwitterの反応

親子間でのレギュラー交代となりますが、視聴者には「面白い!」と好評のようです。

スポンサーリンク

絶対零度(2020)1話ネタバレ

血痕と拳銃を握りしめた井沢!香坂を殺害したのは…?

東京サミットの日、爆発物が仕掛けられたと通達を受けた小田切唯本田翼)、山内徹横山裕)らは機動隊とともに現場へ駆けつけます。

銃声を聞き、現場に到着した小田切が見たのは右手と右頬を血で染めた井沢範人沢村一樹)の後ろ姿。

井沢の右手には拳銃が握られ、その足元には胸を撃ち抜かれた女性が倒れていました。
女性はミハン統括責任者の香坂朱里こうさかあかり水野美紀)。

井沢が殺した犯人なのか、居合わせただけなのかは不明なまま映像は終わります。

ちなみに管理人は井沢が犯人だとは思っていません。
血がついていた理由や殺害理由についての考察は以下記事でまとめています。

絶対零度/井沢は殺人の犯人なのか考察
絶対零度(2020)井沢は殺人の犯人ではない!香坂の殺害理由も考察絶対零度シーズン4が放送開始されましたね! 冒頭から血にまみれた井沢(沢村一樹)が登場し、とても衝撃的なスタートを切った第1話。 ...

ミハンに新メンバーが加わる

ミハンには、新しいメンバーが加わります。

まず1人目が法務省官僚のミハン統括責任者・香坂朱里

香坂の部下で、同じく官僚の北見俊哉上杉俊平)。

ミハンの捜査員・ホワイトハッカーの加賀美聡介柄本明)。

新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官・吉岡拓海(森永悠希)

香坂はミハンの法制化を目的に、自ら志願したようです。
井沢を外して自分がリーダーになることも視野に入れていると話し、バチバチした関係に……。

香坂は井沢の妻子の殺害犯として服役中の宇佐美奥野瑛太)のもとへも面会に行っており、そのことで井沢は不信感を抱いています。

また吉岡もキャリア出身の自分がなぜミハンに……と不満げ。
ミハンの違法捜査に関わっては、自分の経歴に傷がつくと消極的な態度を取り続けます。

今回の危険人物は対局的な2人

今回、ミハンが割り出した危険人物は正反対の男2人。

  1. 弁護士/田代智之中林大樹
  2. 刑務所から出所したばかりの風俗店店員/藤倉尚也篠原篤

同時に2人の危険人物が割り出されるのは、ミハン史上初めてのケースで動揺が走ります。

田代は拳銃、藤倉は青酸カリを購入していて「互いに殺そうとしている?」といった疑惑が浮上。

しかし過去の経歴などからも関係性が見えず、動機がわかりません。
そこでミハンは、まず2人の接点を洗い出すことに。

田代と藤倉を繋ぐのは1人の女性

田代と藤倉を繋ぐのは、澤本歩美という1人の女性でした。

澤本歩美は田代にとって”婚約者”、藤倉にとっては”幼馴染”だったと発覚します。

しかし、それが「なぜ殺しに繋がるのか」は謎のまま……。
藤倉の働く風俗店に潜入捜査していた山内は、店の近くの物影で口論する田代と藤倉を目撃します。

田代は「殺してやる!」と震える声で叫び、それを藤倉が押さえつけていました。

そこで風俗客になりきった加賀美聡介柄本明)は、店で働く女の子にうまく取り入り藤倉の人柄について話しを聞き出します。

藤倉は近藤という人物に気に入られ、店の用心棒として雇われているようでした。

小田切は田代について探るため、田代が通っている心的外傷のためのグループセラピーに潜入します。

設定をどうしようかと悩む小田切に、吉岡は「自分の過去を話せばいい」とアドバイスしますが、いざ順番が回ってくると「わたしは……」と言葉につまってしまいました。

「どうしましたか?」とセラピストに聞かれて困る小田切。

すると横に座っていた男性(篠田浩輝高杉真宙)が「誰だって自分のことはなかなか話せない」と助け船を出してくれ、事なきを得ます。

セラピーは続き、田代の番がやってきました。

田代は薬害訴訟の弁護で知り合った看護師とお付き合いの末に結婚する予定でしたが、鉄道の脱線事故で亡くなったことを打ち明けます。

過去の事故と真実が複雑に絡み合う

脱線事故も今回の事件と何か関係あるかもしれないと感じたミハンは、詳細を調べはじめます。

近藤はミハンが先日逮捕した麻薬組織の男・垣内と繋がっていたことも明らかになり、藤倉も何らかの形で関与していると考える井沢たち。

さっそく近藤たちに動きがあり、高級料亭で密談が行われます。
そこには藤倉も同席。加賀美が密談相手を顔からサーチすると、厚労省の麻薬取締官の岸本だと判明します。

麻薬を取り締まるはずの人間が、麻薬組織と繋がっている…。
まさかの事態に驚くミハンのメンバーたち。

さらに調査を進めた結果、脱線事故の被害者の中に岸本の同僚の麻薬取締官もいたことも突き止めます。

ひつじ
ひつじ
麻薬取締官=通称「マトリ」とも略されるよ!

垣内の部下だった佐川という男が藤倉と同じ刑務所に入っていた情報を手にした吉岡は、同郷のふりをして佐川に近づきます。

吉岡は天才子役だった過去があり、方言なども完璧にコピー。
すっかり騙された佐川は、あっという間に心を開き藤倉の情報を喋りはじめました。

▼子役時代として登場した男の子については、以下記事でまとめています。

絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ・感想
絶対零度(2020)1話で登場した天才子役の男の子は誰?|正体はまさかの人物2020年1月6日より放送開始した「絶対零度」シーズン4。 第1話で吉岡拓海(森永悠希)の子役時代として登場した男の子は誰なのか?...

脱線事故は事故に見せかけた殺人だった

澤本歩美が亡くなった脱線事故は麻薬取締官の同僚に、麻薬組織と繋がっていると気付かれた岸本が仕組んだ殺人事件でした。

列車は自動走行システムを導入していたことも判明し、ハッキングで事故を起こしたのだろうと加賀美は推察します。

その話を佐川に聞いて知った藤倉は、真相を知るために近藤に近づいたのです。

ついに殺害計画が始動!

田代を見張っていたミハンメンバーが、「田代が動いた」と知らせます。

拳銃を鞄につめた田代は、車から降りた岸本めがけて歩み寄っていきます。
しかし井沢たちが止める前に、藤倉が田代を連れ去ってしまいました。

路地裏でもみ合う2人。

「何やってんだよ!」と怒る藤倉に、田代は「俺の気持ちは変わらない」と訴えます。

「止めたきゃ殺せ」とまで言い出す田代を見た藤倉は、「やるなら一緒にやろう」と提案するのでした。

その様子をうかがっていた井沢は、「そうか明日で事故から5年か…」とつぶやきます。

殺そうとした後悔、殺せなかった後悔

事故現場には、遺族たちが集まっていました。
位牌のまえで手を合わせる田代と藤倉。

それから藤倉は「3日後に近藤と岸本が店にくる。そのときに殺れ」と田代に伝えます。
少し離れた場所で様子をうかがっていた井沢は、通りすがりのふりをして位牌に手を合わせます。

「遺族ですか?」と声をかけられた井沢は「通りすがりです」と答え、「大切な人を亡くした痛みは、失った人にしかわからない」と続けました。

そして妻子を殺されたことを打ち明け、「殺そうとしたことを後悔してる。殺せなかったことも後悔してる」と伝えます。

「正解はないってことですか?だったら、どうすればいいんですか?」

と困惑する藤倉たちに、井沢は「正解がないのなら、自分が正しいと思った道を選ぶしかない」と答えて立ち去るのでした。

会話を聞いていた他のミハンメンバーは背中を押そうとしているのか、止めようとしているのか微妙な内容に困惑します。

その後、山内を呼びだした小田切は「なぜ銃を持っているのか」と問いただします。
内山は井沢を監視し、一線を超えそうになったら射殺せよとの命令をうけてミハンに出向していたのでした。

井沢がかつて殺そうとした復讐相手・町田が保釈されたことを、上層部は危険視しているようです。

保釈された町田が行方不明に

保釈された元警視庁次長の町田は、奥多摩の別荘で悠々自適な暮らしをしていました。

その別荘へもぐりこんだ井沢は、最近になって差出人不明で自宅に送られてきた凶器を見せます。
その凶器は井沢の妻子が殺されたとき使われた刃物で、捜査では発見されていないものでした。

「誰が送ってきたのかなぁ……」

恐怖で座りこむ町田を追いつめた井沢は、「すべてを話せ」と迫ります。

後日、香坂に呼びだされた井沢は元警察庁次長が行方不明になったことを知ります。
香坂は井沢を疑っているようでした。

井沢も香坂に「なぜ宇佐美に会いに行ったんですか?」と面会理由をたずねます。

答えようとしない香坂を見て、言えない何かがあると確信する井沢。

藤倉の決意

探り合う井沢と香坂。そこへ、メンバーから連絡が入り「田代と藤倉が自宅でもみあっている」と伝えられます。

井沢たちが田代の自宅に駆けつけると、田代は部屋で拘束されていました。

藤倉は澤本歩美を深く愛していて、彼女が愛した男を殺人犯にするわけにはいかないと最初から1人で岸本を殺すつもりだったのです。

青酸カリは、すべてが終わったあと自ら命を絶つために用意したものでした。

密会場所についた藤倉は、青酸カリを飲んで岸本に襲いかかります。
しかし護衛に取り押さえられてしまい、逆リンチに…。

井沢たちが現場に駆けつけると、そこに藤倉の姿はなく血痕だけが残されていました。

「あなたを人殺しにはさせない」

工場跡のような場所に連れて行かれ、暴行を受けていた藤倉。

岸本は田代のことも掴んでいて、藤倉を殺したあとに処理するのだと話します。
それを聞いた藤倉は「歩美が報われない、それだけはやめてくれ」と懇願。

岸本は不思議そうに「あゆみ?誰ですか?あれは事故なんですよ」と言い、スクラップの機械を下ろしました。

スクラップの下敷きになる寸前に、電源が落ちて止まる機械。

駆けつけた井沢たちが震える藤倉を救出し、岸本たちと対峙します。

「保身のために多くの命を犠牲にした。これは最悪のテロだ」

と怒りをあらわにする井沢。
外へ逃げる岸本を追いかけると、岸本は通りすがりの親子を襲い人質にとります。

母親を刺し、娘の首にナイフをつきつける岸本。
その光景が自分の妻子と重なった井沢は、要求通り持っていた拳銃を投げ捨てます。

拳銃を拾った岸本が銃を構え、撃とうとした寸前で後を追ってきた山内が発砲。
撃たれた岸本はその場にうずくまりました。

小田切が親子を保護し、救急隊を要請したことで我に返った井沢は岸本に馬乗りになってボコボコにします。

そして山内が止めるのも聞かず、銃を構えた井沢。
内山は携帯している銃を握りしめます。

パンっと発砲音がして息を飲む小田切。
しかし山内が岸本に覆いかぶさり、弾は山内の腕に当たりました。

山内は「あなたを人殺しにはさせない。あなたが一線を超えるなら、俺が止める」と井沢に宣言します。

事件のその後

大けがをおった藤倉は、病院に入院していました。
病室には見舞いにきた田代、そして小田切たちの姿が。

小田切は脱線事故が改めて捜査されること、藤倉には執行猶予がつくはずだということを伝えます。

藤倉は田代に「弁護士を続けろよ」と言い、田代は「君は陶芸を。あゆみはいってた、君の作る陶芸が好きだって」とほほ笑むのでした。

家に帰った井沢は、妻子の幻を見ていました。

帰ってきた井沢に「ご飯を食べよう」と言い、腕を引く娘。
しかし真っ暗なリビングを見て、井沢は現実に返ります。

香坂は電話で次長が遺体で発見され、証拠が残っていないことを聞かされます。

遺体発見現場の捜査にあたった門田駿粗品)は「井沢……」とつぶやくのでした。

絶対零度(2020)1話の感想

初回は30分拡大での放送でしたが、テンポの良いストーリーであっという間に終わってしまいました。

新メンバーも個性的で、キャラクター同士のかけあいも面白かったです。

ゆめ
ゆめ
事件の内容は少し難しく感じたけど、1つずつ謎が解けていく感覚は気持ちいい!

あとドラマ側のイジリなどが多々含まれていて、思わず「クスッ」となってしまうシーンが多かったのも良かったですね~。

そして今回の危険人物の動機は切なかった。
特に藤倉ですよ……。
幼馴染の愛した男には手を下させない、って男前すぎるでしょ。

本当に歩美さんのこと好きだったんだなぁ。
ぎゅ~っと胸がしめつけられる話でしたね。

ただ1つ疑問なのが、藤倉って青酸カリのカプセル?飲んだのになぜ生きてるのだろう……。

なんか違う薬だったんですかね。それともカプセルだと毒まわるの遅いの?
そこだけが気になって仕方ないです(笑)

ゆめ
ゆめ
とりあえず、第2話が待ち遠しい~!
カテゴリ一覧
RELATED POST
絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ・感想 絶対零度シーズン4(2020)

【絶対零度シーズン4】2話ネタバレ感想|女子高生誘拐事件の裏側に潜む闇!

2020年1月14日
ドラマと映画のネタバレ・考察・感想ブログ
絶対零度2話を視聴しました! 今回の危険人物は女子高生をストーカーする無職の31歳。 「未然犯罪潜入捜査」本部でありながら犯人 …
絶対零度/井沢は殺人の犯人なのか考察 絶対零度シーズン4(2020)

絶対零度(2020)井沢は殺人の犯人ではない!香坂の殺害理由も考察

2020年1月6日
ドラマと映画のネタバレ・考察・感想ブログ
絶対零度シーズン4が放送開始されましたね! 冒頭から血にまみれた井沢(沢村一樹)が登場し、とても衝撃的なスタートを切った第1話。  …