絶対零度シーズン4(2020)

絶対零度4話ネタバレ感想|香坂の過去が判明。加賀美との関係は?

絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ・感想

絶対零度4話では、ついに香坂さんの過去が明らかに!

ゆめ

思っていた以上に苦しくて重い過去でした……

あんな過去背負って、最後殺されちゃうって報われなさすぎる。

それではさっそく、4話のネタバレを確認していきましょう。

前回のおさらいはこちら!
絶対零度3話ネタバレ感想|小田切の説得シーンに涙…

絶対零度4話ネタバレ

危険人物はいのちの相談員で働く女性

今回ミハンが捜査する危険人物は、NPO法人セーブ・オブ・ザ・ハートという自殺を考える人の相談に乗る”いのちの相談員”として活動する杉原佳代という63歳の女性

佳代はスタンガンを購入しており、ネットで失踪に見せかける方法を何度も検索。
しかし誰をなぜ狙っているのかは不明という状態だった。

ひつじくん

肩書だけみると、人殺しなんて絶対にしなさそうだけど…
一体何を抱えているのか。

佳代の過去を調べたところ、佳代は10年前に起きた大森山無差別殺傷事件で夫を亡くしている被害者家族だと判明する。

犯人は川久保敦也。当時23歳の無職。
社会への不満で商店街を歩く人々を金属バットで無差別に襲ったとされている。

5名の死者を出し、そのなかの1人が佳代の夫だった。

子どももおらず、近しい身寄りもいない佳代は事件後、自宅を売り払ってシェアハウス用の古い不動産を購入。

そこで、問題を抱える人たちに格安で部屋を貸し出して暮らしている。

いのちの相談員として井沢・山内が潜入

身分を偽り、新人職員としてセーブオブザハートへ潜入した井沢と山内。

相談者からの電話を終えた佳代に新人として挨拶したあと「さっき話していた内容は大森山事件の話ですか」と容赦なく踏みこんでいく。

佳代は嫌な顔ひとつせず「私の必殺技」と笑い、死にたいと思ったことを話すのがコツだとアドバイスする。

佳代は事件で夫を殺されたこと、当日の朝に結婚記念日の旅行先のことで些細な喧嘩をしてしまったことを話す。

旅行代理店で佳代が行きたがった北海道へのチケットを予約してくれた帰りに、事件に巻きこまれた旦那さんは襲われそうになった老人を庇って亡くなったのだという。

「救うことで救われた。あなたも、訳アリね」

真剣に話を聞く井沢をみて、佳代はそっとつぶやく。

佳代にとって娘のような存在

佳代が運営するシェアハウスに駆け落ちカップルとして入居した吉岡と小田切は、佳代が娘のように思っている女性の存在を知る。

女性の名前は佐藤奈々。佳代に救われた1人でシェアハウスに暮らしていたが、3ヶ月前に何度も佳代と言い争ったのちに出て行ってしまったらしい。

加賀美が奈々について調べると、どうやら改名していることが発覚する。
さらに奈々は大森山事件を起こした川久保の妹だということも判明した。

ひつじくん

つまり2人は被害者家族と、加害者家族…

吉岡と小田切が帰宅した佳代に挨拶すると、感じよく迎えてくれるが部屋で1人になると深刻な顔でスタンガンを取り出す姿が監視カメラ映像に映し出された。

奈々は婚約していた

奈々を尾行していた山内は、職場の保育園に迎えまで奈々を来た男性の存在を知らせる。

カメラの映像に映った男を見た香坂は「彼を知っています」とつぶやく。
男の名前は梶智明。キャリアコンサルタントで、加害者支援センター”未来ヘ歩む会”メンバーの1人。

加害者家族問題に取り組む人物として、名の知れた存在だった。

梶が奈々の婚約者だと知った井沢は、興味を示す。
しかも奈々に支援センターを紹介したのは、被害者家族である佳代だった。

いったい、今更になって何を揉めていたのかと不思議がる井沢達。
歩いて帰る2人を尾行していた山内は、奈々が急に卵を投げつけられる現場を目撃する。

大急ぎで犯人を追う山内。
しかし犯人はバイクに乗って監視カメラのないエリアへと逃げてしまった。

調べを進めるていくと、どうやら兄の敦也が獄中で本を出版するとの噂が出回り、その影響で被害者家族への誹謗中傷が再熱しているらしいことが判明する。

香坂と井沢がタッグを組む!

今回やたらと事件に前のめりな香坂は、梶が法務省時代の上司だと話し、自身が梶への取材という名目で奈々にも同席してもらい接触することを提案する。

井沢はそれに乗り、取材へ同行することに。

取材と称してうまく梶と奈々に接触した香坂は、「事件後の話を聞きたい」と促す。

奈々は戸惑いながら、マスコミにつきまとわれたことや個人情報を流され、誹謗中傷されたことを話しだす。

兄の近くにいたのに気付けなかったこと、止められなかったことを悔やんでいたある日、食卓にすき焼きが出て心中を察した奈々は「安心して涙が出た」と語る。

ゆめ

すき焼きで喜ぶんじゃなくて安心するって…切ない…

でも、気付けば自分だけ助かっていたと話す奈々。
それを聞いた香坂はガクッと頭を垂れる。

梶は兄の獄中出版が原因でネットの誹謗中傷が再開し、危害を加えられるようになったため、なんとか出版しないよう説得している最中だと話す。

佳代と奈々の言い争い

しんみりとした会議室に骨伝導フォンがなり、佳代が会議室に向かっていることを知らされる。

なんと香坂が独断で佳代を呼びだし、2人を接触をはかっていたのだった。
井沢は「急ぎの電話が」と偽り、部屋を立ち去って近くで様子を監視する。

佳代の登場に動揺し、会議室を飛び出してしまう奈々。

佳代はあとを追いかけて「もう少しで追い詰めてる人物がハッキリする」と訴えるが、奈々は「私のことが憎いんでしょ!」と聞く耳を持たない。

佳代は確かに最初は憎かったこと、それでも傷ついている奈々を見て残された家族は同じなんだと気づいたと話す。

あの日「死んでお詫びします」と電話を切った奈々を必死で探して、抱きしめたときから始まった2人の関係を思い返した佳世は「私が救ったんじゃない、あなたが私を救ってくれたの!」と訴える。

しかしそんな声も奈々には届かず、奈々は「私は新しい家族を作る。さよなら」と去ってしまうのだった。

奈々を追い詰める人間

佳代は奈々の味方だと確信した井沢たち。
だったらなぜ、奈々は佳代に反発するのか…。そこを探ろう、とミハンは捜査をはじめる。

翌日。
奈々の働く保育園に匿名で通報が入り、素性がバレた奈々は退職を余儀なくされてしまう。

ハートオブザセーフに出勤していた井沢は、佳代が急遽シフトを変更して休んだことを知り小田切に連絡。

小田切は香坂が追尾していると答えるが、香坂はまた無断で予定を変更し加賀美と共にバイクの男の自宅をマークしていた。

勝手な行動に少し怒りを滲ませる井沢。

香坂は佳代を犯罪者にしないためにも、ターゲットを絞りこまなくてはいけないと言うが結果的にバイク男はSNSで奈々の正体を知り危害を加えた人物の1人でしかなかったことが明らかになる。

佳代のターゲットがバイク男じゃないとわかり、慌てる香坂。
しかし佳代はスマホの電源を切っていて、居場所が突き止められない。

井沢は監視カメラ映像で居場所を特定するよう指示し、他の加害者を突き止めて話を聞くことに。

黒幕は梶智明だった!

他の加害者女性を特定した井沢は、佳代がこなかったかと尋ねる。
女性は会ったと言い、「SNSのダイレクトメッセージが送られてきたから許せないと思ったのではないか」と確認されたと話す。

危害を加えていた人物たちは、みんな”正義の先導者”という人物に先導されていた。
佳代のターゲットは先導者だと悟る井沢達。

いったい、誰か正義の先導者なのか─…

メンバーたちが頭を悩ませていると、香坂は「梶智明が笑っていた」と思い出したようにつぶやく。

「婚約者ですよ?」と混乱する吉岡。
井沢は梶が、代理ミュンヒハウゼン症候群という精神疾患ではないかと断定する。

ゆめ

簡単に言うと、悲劇のヒロインを装うことで周りから同情や賞賛を得て快楽を感じる人のこと

ひつじくん

”代理”の場合は傷つける対象が自分自身ではなく、今回だと奈々にあたる

梶は加害者家族と結婚することで献身的な人間を演じ、周囲からの賞賛・同情を得ようとしていた。

手記を出そうとそそのかしたのも、梶本人だったのだ。

奈々は洗脳状態にあり、佳代のことを敵だと認識している状態になっていた。

香坂の鬼の鉄槌が下る

佳代が梶に証拠を突きつけ、引かなければ一線を越える気だと悟った井沢たちは急いで止めに向かう。

梶を待ち伏せた佳代は、証拠を突きつけて「自殺するまで追い込むつもり?彼女の前から消えなさい!」とスタンガンを片手に迫る。

しかし、そこで佳代の前に立ちはだかったのは奈々本人だった。

佳代はすがるように証拠を渡すが、菜奈は「それでもいいの。私なんかと結婚してくれる人、もう一生出会えない」とつぶやく。

目の前のやり取りを見た梶は「そう言うわけで、私たちの目の前から消えていただけますか」と勝ち誇ったように言い、奈々の肩を抱いて立ち去ろうとする。

そこへ香坂が飛び出し、「あなたのような人間は許さない」と掴みかかった。

必死で止める奈々。
梶はめんどくさそうに「わかったよ、婚約解消すればいいんだろ?」と言い、「じゃあな殺人鬼の妹さん」と笑うのだった。

絶望する奈々。

キレた香坂は、容赦なく梶を殴りつける。

とどめにグーで殴ろうとしたのを井沢が止め、「怒りに任せてって、あなたのキャラじゃないでしょう」と言い聞かせる。

「お前ら何者だよ!」と吠える梶。
「俺の支持者が黙ってないからな」と怒鳴る途中で、井沢が遠慮なく喉を一突きする。

梶の正体は井沢たちによってネットに曝され、大炎上していた。

佳代は奈々に「美味しいもの食べましょう」と話しかける。
「何で…」と戸惑う奈々に佳代は「わたしは命の相談員。ほっとけないでしょう」と初対面と同じ言葉を投げかけるのだった。

香坂の消せない過去

事件解決後、香坂を待ち伏せた井沢は「なんでミハンには訳ありの人間がこうも集まってくるんでしょうね」と話しかける。

香坂は26年前に起きた神経ガス無差別殺人事件の加害者家族だった。

香坂は犯人の娘にあたり、母親の再婚にともなって戸籍をたどれないよう義父が操作していたのだ。

加害者家族が受ける罰を受けずに逃げ出したことを、負い目に感じていた香坂。
井沢は奈々が1人生きていたと話したとき、俯いて口の中で「ごめんなさい」とつぶやいたことに気付いていた。

井沢は、「あなたが僕の妻子の件について何を知ったかはわからない。だけど未然に防ぎたい思いは同じだと確信したから、あなたを信じる」と告げる。

未然犯罪捜査の法案は、見送りになってしまった。
北見は一度、法務省へと戻ることに。

加賀美は捜査本部に顔を出した香坂に「君は井沢くんが必要なんだと思うよ」と話しかける。

続々と出勤してきたミハン捜査員に、北見が総務省へ戻ったと告げる香坂。
相変わらず自由な反応を返してくるメンバーに、香坂は次なる危険人物を告げた。

~回想~

26年前の事件後、花をたむけに現場を訪れた香坂は泣き声をあげる遺族たちの光景に耐えきれず、途中で逃げ出してしまう。

その途中で、香坂は加賀美さんとすれ違っていた。

絶対零度4話感想

ラストシーンが一体、何を表すのか!?
まさかすぎる繋がりに驚いて言葉が出ませんでした…。

ゆめ

被害者家族と加害者遺族の関係じゃないといいけど…

もう田村さんみたいな悲しい展開、見たくないよー。

なんか今回は胸が苦しくて仕方がない回でした…。

おまけに今話で井沢さんが香坂さんを殺す理由が本当に見当たらなくなって、ますます死ぬ理由がわからなくなってしまった。やっぱり他殺ってことですかね。井沢さんの事件を隠蔽するため?

きっとずっと苦しんできたであろうキャラだから、報われて欲しかったな……

でも香坂さんを殺したのが井沢さんじゃなくても、香坂さんを殺されたことで今度こそ犯人を殺害してしまうかもしれませんね。

カテゴリ一覧
RELATED POST
絶対零度シーズン4(2020)1話あらすじネタバレ・感想 絶対零度シーズン4(2020)

【絶対零度シーズン4】5話ネタバレ感想|加賀美に死亡フラグ!香坂事件とどう繋がる?

2020年2月3日
ドラマと映画のネタバレ・考察・感想ブログ
『絶対零度シーズン4』第5話を視聴しました! 本当に驚きの連続で、休まるときがない…加賀美さんにも死亡フラグ立っちゃうし、この先どう …