あなたの番です

扉の向こうネタバレ【黒島編】DV彼氏の豹変っぷりがヤバイ!

扉の向こうネタバレ

扉の向こう黒島編】では、噂のDV(元)彼氏がついに登場!
ストーリーの内容としては、黒島と波止の馴れそめについてです。
 

とりあえず波止の豹変っぷりが怖い。
ほんとの悪い人はいい人のふりをしてるってやつですね。

それではさっそく、ネタバレを紹介したいと思います!未視聴のかたは観覧注意。

扉の向こう【黒島編】のネタバレ

 
黒島は国際理工大学数学科(2年生)に通う20歳の女の子。

この日、黒島は彼氏を作る数式を完成させるために波止陽樹水石亜飛夢)を部屋に呼び出していました。

ちなみに黒島が割り出した”彼氏を作るための数式”というのが、こちら。

  • できる限り互いの情報交換
  • 女性的魅力を強調するしぐさ
  • 男性の庇護欲をあおる角度
  • 幼児性をアピールするうる目
  • スキンシップ

 
突然家に呼んだかと思えば、いきなり名前や学部・趣味などを話し出す黒島に波止は「これお見合い?」とツッコミます。

黒島と波止
 
黒島は黙ったまま下唇に指をそえ、あごを引き、目を無理やり潤めて波止をジーっと凝視。

唐突にはじまった意味の分からない行動に、「何かしたなら謝る」とうろたえる波止。
黒島はそっと波止の手を握り、「付き合ってください」と訴えます。

黒島沙和
 
波止は若干引き気味。「友だちから始めよう」と言い、逃げるように去って行きました。

恋愛は理屈じゃないと教わる

 
波止が帰ったあと、黒島は数式が間違っていたのではないかと再び計算をはじめます。

彼氏を作る計算式
 
できあがった数式を友人の泉桃香小林万里子)に見せ、間違いを指摘してもらおうとする黒島。

桃香は「全部間違ってる」と答えます。
 

波止陽樹がヤり系と呼ばれている大学生だと知った桃香は、「あんたとの接点なに?」と追及の手を休めません。
 

黒島は学祭で話しかけられて、ちゃんと話したのはこの間が初めてだと告白します。

ほぼ初対面の男を1人暮らしの家に呼び、付き合ってくれと迫ったと知った桃香は「普通襲われるよ!?」とびっくり。

 
黒島はそういう心配のない人を選んだと言いますが、桃香は心配だから次から相談してと釘をさします。
 

相談ついでに黒島が、例の悩ましいポーズを実演して「これは男性へのアプローチとして合ってる?」と聞くと桃香は「痴女じゃん!」と一言。

 
ここまでされて何もしなかった波止は、もしかして童貞かも?と桃香が言うと黒島はホワイトボードに『女性経験のない20代男性34.1%』と書きくわえました。

それを見た桃香は「違う!ぜんぜん違う!」とダメ出し。

恋愛は理屈じゃなくて気持ちの問題。波止くんの気持ちも考えてあげてと力説します。

手料理をふるまって波止の気持ちを確認

 
改めて波止を家へ呼んだ黒島は、手料理をふるまいます。

テーブルに並んだ、たくさんの料理を見て「なんだか男が彼女に作ってほしいランキングみたいなチョイスだね」という波止に、「うん」と答える黒島。

食材がすべて角切りされていることに気付いた波止は「マジで数学好きだよね」と笑みをこぼします。

角切りされた食材
 
「美しいでしょう?」

黒島の言葉に「うん。美しい、美しい」と同意する波止。

 
黒島は波止にいま、どんな気持ち?と訊ねます。

いい印象を抱いてると言われ、食い気味に「お付き合いするのは!?」とせまる黒島。

波止は「もう少し黒島さんのことを知りたい。黒島さんも俺のことわかってないだろうし」と断ります。

 
黒島は、なんだか自分の書いた数式に大きくバツ印がつけられた気分に…。

晴れてカップルに!

 
またしても数式を書こうとしている黒島に、桃香は「どうして波止と付き合いたいと思ったの?」と聞きます。

顔をしかめ、答えられない黒島。

桃香は「それが恋ですよ」と嬉しそう。小賢しいテクは無理だろうから、ドストレートに気持ちを伝えろ!とアドバイスしました。
 

 
波止を呼び出してはみたものの、何をどう伝えればいいのかわからず黙りこくってしまう黒島。

「無理してない?」という波止の問いかけすら耳に入ってきません。

「わからない…」

黒島の頭の中では桃香のアドバイスや、偉人たちの言葉がぐるぐると廻っています。
 

「無理させるのは申し訳ないから、今日は帰るね!」
 

波止が帰ろうとした瞬間、黒島の頭に古代ギリシアの数学者・ユークリットの言葉が浮かびました。

”幾何学に王道なし”

 
黒島は波止に向かって、

「好きです。……大好き!」と告白。

それを聞いた波止は「そっか…」とつぶやき、やっと黒島のことがわかった気がすると言って交際を申し込みました。

 

黒島のナレーション

当てずっぽうに書いた数式が当たっていたとき、あなたはラッキーだと思いますか?

わたしは……、ちょっと悔しいと思う人間です。

波止はDV男だった!

 
桃香に付き合えたと報告すると「今度3人でご飯でも行こう」と誘われますが、黒島はこれから電話もメールもできないと謝罪します。

 
突然の絶縁宣言に「どうして?」と聞く桃香。

「付き合ったらそうするものだって、彼が」

黒島と桃香のやり取りを、波止がじっと見張っています。

黒島を睨む波止
 
桃香はすぐ波止の異常性に気付き、「そんなのおかしいよ」と警告しますが

今回の件同様、おかしいと思っていたことが正解なときもあるからと黒島は聞く耳を持ちません。

会話を横で聞いていた波止は、黒島から電話を取り上げて自分以外の連絡先、全部消せと強要します。
 

「俺には同じこと求めないで。
前に付き合った女がやみ深くてクッソめんどくさくてさ。面白がってストーカーと付き合うもんじゃねぇわ~」

ははっと笑う波止。

”全部”と言われて黒島がためらっていると、波止は後ろに回りこんで黒島の腕をきつく握ります。

黒島と波止
 
「好きなんだろ?消せよ」

 
黒島がわかったと言うと、波止はパッと手を放します。黒島の両腕には手のあとがくっきりついていました。

ふるえる指で桃香の連絡先を消した黒島。
 

わからないことばかり。私にとって恋愛は、どんな数式よりも難解です─…。

扉の向こう【黒島編】感想

 
付き合う前と付き合った後のBeforeAfter激しすぎw

付き合う前までの笑顔は可愛かったのに、豹変後のあの目!

ゆめ
ゆめ
怖すぎてびっくりしました。

 
黒島ちゃん、可愛いのに男運悪すぎるよ…!
いや可愛いからこそ、見る目が必要なのかな。

そして変に素直。
素直なのはいいことだけど、そこはおかしいと思ったら即逃げていいんだよ!!

 
波止が初カレなのかどうかは、うまいこと言及されてなかったけど初めてなら洗脳されちゃいそうで怖いなぁ…