シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」1話ネタバレ感想|ゲストに山口真帆が登場!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う主題歌の曲名と歌詞の意味

2020年冬ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」1話を視聴しました!

世の中のグレーな事件に白黒つけるというのがテーマのドラマで、今回の題材は自殺した女子社員の死について

女子社員役には、山口真帆さんが抜擢されテレビドラマ初演技を披露してくれましたよ!

この記事では、

  • 1話のネタバレ
  • ゲスト情報
  • 視聴した感想

についてまとめています!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」1話ゲストは元NGT48の山口真帆!

ドラマ初回の登場ゲストは、山口真帆さん!

アイドルグループNGT48を卒業後、女優に転身して初のドラマ出演となります。

山口真帆さんが演じるのは、自殺したIT企業の女性社員・愛菜役 。

すでに亡くなってしまった役なので、あまり出番はありませんでしたが初ドラマのわりには演技よかったです。

結末ネタバレになるので、ここでは言いませんが窓に映った自分の顔見るシーンとか。リアルに感じましたね~。


それでは早速、ネタバレに移りましょう!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」1話ネタバレ

気弱な囲碁棋士・川田レン(清野菜名)

女流囲碁大会に出場していた川田レン清野菜名)は、勝ち筋が見えていた試合でわざと手を抜き負けてしまいます。

レンはかつて業界で名をはせていた天才囲碁棋士ですが、ここ最近はネガティブ思考に侵され全く勝てなくなっていました。

レンが通う囲碁喫茶のマスターたちは、「悪いほうにばかり考えるとこの先一生勝てなくなるかもしれないぞ」と心配します。気をつけると言いつつも、さっそくネガティブ思考を展開するレン。

そこへ、女性暴行疑惑があがっていた上坂議員が竹林で発見されたというニュース速報が流れます。やったのは近頃、世間を騒がせている”ミスパンダ”の可能性が高いとのこと。

ミスパンダを知らないレンに、囲碁喫茶のみんなは悪党を成敗する正体不明の女だと教えてくれます。

森島直輝(横浜流星)はメンタリストNとしてテレビ出演

彼女の佐島あずさ白石聖)にどうしてもと頼まれ、”メンタリストN”としてテレビ出演した森島直輝横浜流星)は、収録後のスタジオ内でスタッフに平謝りしている江本達郎を見かけます。

江本は2019年ホワイト企業セレクションで、最優秀賞を受賞した「アンテリフィールド」の社長。しかし昨日、1人の女子社員がオフィスの窓から飛び降り自殺してしまいテレビ出演に対する批判が相次いでいました。

炎上のきっかけになったのは、女子社員が自殺の直前に残したある動画。


動画の内容は、包帯を顔にぐるぐる巻きにした女子社員が泣きそうな声で

「自分のことが心底嫌になりました。だから人生を終わらせることにします。醜い私…さようなら」

と話して画面がブラックアウトする、なんとも後味の悪いものでした。

ネット上では容姿を苦にしての自殺ではないか、との憶測が流れます。

Mr.ノーコンプライアンスの依頼は「飛び降り事件の真相に白黒つける」こと

Mr.ノーコンプライアンス佐藤二朗)に呼びだされた直輝は、愛菜の死の真相を探りシロクロつけるよう依頼されます。

Mr.ノーコンプライアンスは国の出した決定がすべて正しいとは限らないという信念のもと、隠された事件の真相を暴く活動をしているようです。

直輝とMr.ノーコンプライアンスが手を組むのは、これが初めてではない様子。

なんとなく狂気性をはらんだ佐藤二朗の演技が、ぞわっとしましたね~。
今日から俺は!を見て以来だから、余計にギャップが……。

あずさの働く全日テレビ局では、愛菜の自殺にまつわる記事の取材について揉めていました。

噂によると愛菜は死ぬ直前に整形していて、その手術を行ったのが花咲形成外科クリニックらしいということですが、花咲クリニックは全日テレビ局のスポンサー。

そのため、「噂程度の内容で下手に取材できない派」と「噂を真実か確かめるのが仕事だと思う派」に別れて対立してしまったのです。

あずさは愛菜の両親から話を聞き、自殺なんてするわけないと話していたから真実を突き止めてあげたい!と訴えますが、チーフプロデューサーの飯田は「ダメだ」の一点張り。

根も葉もない噂だとは思えないプロデューサーの神代要潤)は「すでに裏は取ってある」と助け船を出し、あずさと花咲クリニックへの取材に向かいます。

その道すがら、神代は裏を取っているというのは嘘だとあずさに説明しますが、江本を取材したとき秘書の本城が愛菜が美容整形に失敗したと話していたことを証言したと伝えます。

直輝とパンダ

部屋でMr.ノーコンプライアンスに貰った資料を眺めていた直輝は、ふと飾っていたパンダの置物に目をやり、首にかけていたネックレスを握りしめます。

©読売テレビ/佐藤友治/蛭田直美
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」1話より出典

おそらくパンダのぬいぐるみの目だと思うのですが、ぎゅっと握りしめたあと立ち上がった直輝はグーで壁を殴りはじめます。

川田レンの過去

幼少期の夢をみたレンは、息も粗く飛び起きます。
夢の内容は幼い女の子に「可愛い」とほほ笑む山口紗弥加)がこちらを見て笑顔を消し、怒ったような目をするシーンでした。

時間を確認したレンは、急いで身支度を整えると写真たてに向かって「行ってきます」と話しかけ、家を出ます。

写真たてには母と二人の幼い女の子の写真が飾られていました。
1人の女の子は黒いマジックで塗りつぶされ、顔は見えません。

その頃、大学で精神医学の講義を聞いていた直輝は、講師の門田から催眠療法のグレーゾーンについて話しを聞きます。

それは催眠療法はかける方とかけられる方の信頼関係が大切で、患者から完璧に信頼されていれば催眠術で別人格を組み込むことすらできるかもしれないというもの。

もちろん、医療行為としては認められていないから実行してはいけないと付け加える門田に周りの生徒は笑いますが、直輝だけは心当たりのあるような顔をします。

門田は精神科医の先生でもあり、レンは患者の1人でした。
診療を終えたレンに、門田は「なるべく前向きに」とアドバイスします。

大学内を歩いていたレンは、直輝と鉢合わせします。

2人は顔見知りで、以前パンケーキを食べに出かけたようです。
完全に恋する乙女の顔になっているレンは「この間はありがとうございました」とお礼を言い、「また一緒に行こう」と答えた直輝にうっとり。

シロップで催眠?ミスパンダが覚醒する!

花咲整形外科クリニックに到着したあずさと神代は、出てきた院長に突撃取材します。

うんざりした表情を浮かべながらも、受け答えしていた院長ですが神代の「手術は上手くいったんですか?」という質問に「まさか私の手術が原因で自殺したとでも?」と怒り出し、一切取材に応じてくれなくなるのでした。

囲碁喫茶に顔を出していたレンは、直輝から届いたパンケーキデートの誘いに大喜びします。

するとそこへ突然、パンダのお面を被った制服姿の女の子が「川田レンはどこ!?」と訪ねてきました。

店内がどよめくなか、お面を外す女子生徒。その正体は、中学生チャンピオン・東山楓でした。楓はレンに「この間の対局でわざと負けたでしょ」と指摘します。

「あんたのイカサマ、わたしが白黒つけてやる!」

再度パンダのお面を被り、レンをびしっと指さす楓。
周りが「ミスパンダのパクりだ」と楓をいじっている間に、そっとレンは店を抜け出します。

直輝とパンケーキのお店にきたレンは、「直輝さんとパンケーキに来ると、いつも舞い上がってしまって記憶がない」と緊張気味に伝えます。

それに対して「そんなに緊張せず、リラックスしてよ」と返す直輝。

「はい…」と答えるレンですが、直輝がパンケーキにシロップをかけるところを見ると意識が朦朧としていきます。

次に意識が戻ったとき、レンはミスパンダの恰好でビルの屋上から「パンダ~!」と解放的に叫んでいました。

「これからが出番だよ、ミスパンダ」と直輝に告げられたミスパンダは、「待ちくたびれたよ、飼育員さん」と笑います。

愛菜の死の真相を暴く!

愛菜の葬式会場に潜りこんだ直輝は、喪主の両親に「相談したいことがある」と持ちかけます。

会場の外ではあずさや佐藤が「参列するのは難しそうだ」と話していました。
そこへ喪服スタイルの神代が現れ、「参加してくる」とそれとなく会場へ潜りこみます。

葬式が始まると、会場には読経が響きます。
そこへ喪服姿のミスパンダが登場。ざわめく中でマイクを借りたミスパンダは、どうして愛菜が死んだのか白黒つけると宣言します。

参列していた花咲院長は「何なんだ、あの女…」とぽつり。

ミスパンダは追悼映像を流していたスクリーンに、パンダチャンネルの動画を流しはじめます。

動画には、ミスパンダが愛菜の勤めていたアンテリフィールドに潜入する様子が映されていました。夜で誰もいないのをいいことに、好き放題するミスパンダ。

自分の知らないところでオフィスに侵入されていたと知った江本は「人のオフィスで何を…!不法侵入で訴えるぞ!」と怒りだします。

ミスパンダはオフィスの窓を開け、「ここが愛菜さんが飛び降りた窓です」と実況。
しかしすぐ、「臭っ」と鼻をつまんで他の窓から深呼吸します。

©読売テレビ/佐藤友治/蛭田直美
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」1話より出典

すっきりしたところで、ミスパンダは「この後シロクロつけるために何をする?」とのクイズを出題。シンキングタイムが設けられ、気付けば会場からはミスパンダが消えていました。

葬儀担当者が両親にどうするかと相談しますが、両親は「このまま続けて」と答えます。

シンキングタイムが終了し、ミスパンダが出したクイズの答えは「別の窓から飛び降りる」でした。

愛菜の飛び降りた窓の下は薄暗く、匂いも酷い場所。
ミスパンダは「普通にあんな場所で死にたくないよ。飛び降りるならこっちでしょ」とカメラに向かって話しかけ、映像は終了してしまいました。

喪服姿で葬儀者に紛れて会場の様子を観察していた直輝は、去り際にある男性に何かを耳打ちし、男性は「まさか自分で飛び降りたんじゃなくて…!」と口にします。

会場には、愛菜が残した例の動画の続きが流されました。

「醜い私、さようなら」とつぶやいた愛菜は、ゆっくりと顔の包帯をほどき、

  • 整形に成功したこと
  • 花咲医院長への感謝の気持ち

を述べていました。

映像が終了すると、ブラックアウトした画面に「愛菜さんには死ぬ理由なんてなかった。なのに、どうして自殺したんでしょう?まさか……?」という言葉が残されていました。

愛菜を殺した犯人は江本達郎だった

葬式のあと、アンテリフィールドに戻った江本は電気もつけずに歩いていき、トロフィーを掴みます。

その瞬間を見計らったかのように、パッとつく電気。
「やっぱり現れましたね」と登場した直輝に、江本は動揺します。

直輝は「捨てたはずのトロフィーが戻ってきていたら、気になりますよね。それは僕の用意したレプリカです。思いっきり引っかかっちゃいましたね」と笑いました。

すべてバレていると確信した江本は衝動的にトロフィーを掴み、直輝に襲いかかりますが……。

顎への一撃であっさりと気絶。
そんな江本に直輝は「本番は、まだこれからですよ」と耳打ちします。

パンダチャンネルのお仕置きタイム

目を覚ました江本は、自分の体が手術台に縛りつけられていることに気付きます。

白い手袋をつけ、「これからオペを始めます」と宣言するミスパンダに唖然とする江本。

放送はテレビジャックで全国に生配信されていて、それに気付いたあずさは神代に映像を見せます。動画をみた神代は、「今すぐ病院を調べろ!」とあずさに指示しました。

ミスパンダは「これから白黒摘出手術を行う」と告げ、「その前に見て欲しい映像がある」と愛菜の映像を流しました。

葬式で流した続きよりも先があると話す、ミスパンダ。
激しく動揺し「やめてくれ!」と止める江本を無視して動画を流します。

動画の中身は、江本を告発する内容でした。
整形前の愛菜は江本から執拗なハラスメントを受け、毎日のように屈辱的な言葉を浴びせられて精神的に追い詰められた、心が死んだと訴えていました。

江本なりの愛情表現だったようですが、そんな歪んだ愛情表現が伝わるわけなんてなく。
あの日、愛菜は告発動画をアップロードすると江本に告げに行ったようです。

それを聞いた江本は、自分の愛した愛菜はこんなことを言わないと逆上し、手元にあったトロフィーで何度も殴りつけて、よろけた愛菜が窓から落ちてしまったというのが真相でした。

この真実を明かし、続きの映像を直輝たちに渡したのは山崎でした。
彼女は愛菜が殺される現場に居合わせ、江本から動画を加工して自殺に見せかけるよう脅されていたのです。

真相を暴いたミスパンダは、「そろそろ手術を再開しようか」と江本の顔をパンダ模様に下書きしはじめます。必死にやめてくれと懇願する江本の様子に、楽し気な表情をうかべていたミスパンダ。

しかし江本が「誰か助けてくれ!」と叫んだとき、ミスパンダは幼い子供が「ここから出して」と頼む声を思い出します。

動きを止めてしまったミスパンダ。その後、チッと舌打ちして江本も死ななきゃ不公平だと暴走しはじめます。

メスを江本の顔に突き刺そうとする直前で、映像は終了。
病院に駆けつけた直輝は「人間も、パンダみたいに同じ模様だったらいいのにね」とつぶやくミスパンダをなだめ、催眠をときます。

任務を終えた直輝は、Mr.ノーコンプライアンスに結末を電話で報告。

Mr.ノーコンプライアンスは「人が死ぬと周囲の人間は死人に口なしとばかりに、言いたいことを言い放題。その瞬間に噂とデマだらけの、グレーゾーンが生まれる。その先の白と黒の世界を君に見て欲しかった」と告げて電話を切ります。

そこへ秘書らしき人物が戸を鳴らし、「大臣、そろそろ時間です」と一言。
Mr.ノーコンプライアンスの席には”法務大臣 佐島源造”の文字が…。

佐島はミスパンダについての記事を見ながら、「よりにもよってパンダとはなぁ」とつぶやきます。

翌朝、目を覚ましたレンは自分がどうやって帰ったか全く覚えておらず、右手にくっきりついた指のあとに「こわっ……」とつぶやきます。

直輝は自宅に飾っていたパンダのぬいぐるみを抱き寄せ、幼い頃の記憶を思い出します。
ぬいぐるみはかつて、警察官である父親田中圭)が誕生日に贈ってくれたもの。

しかしその父は、行方不明になった3年後に山中で白骨化死体となって発見されました。

当時のニュースをみた直輝は、パンダの右目部分にUSBが隠されていることに気付きます。
中身を確認すると佐島あずさがコアラのお面を被った男に縛られ、身代金として1億円を要求している動画でした。

病院へ行ったレンは、入院している母の元へ。
母・麻衣子山口沙也加)はレンを見るなり「おかえり、レン」と笑顔を浮かべます。

病室に飾られた写真立てには、レンの部屋にあったのと同じ家族写真が飾られていました。ですが塗りつぶされているのは、もう片方の女の子で……。

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。1話感想

直輝のお父さん役に田中圭が出たときは、シリアルシーンのはずなのに笑ってしまいました…!あなたの番見てたから、バディが親子…。養子縁組…?とか考えちゃったよね!(そもそも別ドラマだから関係ない)

キャストも豪華だし、テーマも切り込んでたから期待も高くてリアルタイムで視聴したんですけど、正直な感想を言うと思ってたのと違う…でした。

シニカルミステリーってありましたが、ミステリーよりも勢いが強い部分が目立ったかな。1話なんで、いろいろ詰め込みすぎたのかもしれないですが。

ひつじくん

なんでパンダなのか、とかレンと直輝の関係性とか説明することが多かったもんなぁ

ドラマは、とりあえず3話見てみるってのが自分なりのセオリーなので見続ける予定ではありますが…さて、どうなるかな。

だいぶ亀更新なので、実はこの感想を書いてる時点で2話が放送されてしまったのですが1話に比べると勢いでごり押し!って部分が少し落ち着いたかな?とは感じました。

まだまだ謎が多いので、そこをどう上手に散りばめられるか期待ですね~。

ドラマ内に動物がよく出てくるのは、何か理由があるのかな?
山口沙也加はうさぎ抱いてたし、あずさを誘拐したのはコアラ男だし。

そういえば、動揺に「パンダ うさぎ コアラ」って歌ありますよね。
おいでおいでおいでおいで~ってやつ。

ゆめ

関係あるのかな?ただの偶然?

またゆっくり考察も始めたいな~と思います!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う主題歌の曲名と歌詞の意味
【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】主題歌の曲名は?歌詞と和訳も紹介!横浜流星と清野菜名が最凶バディとなり、グレーな事件に白黒つける新ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」 今回は、主題...
カテゴリ一覧