同期のサクラ

同期のサクラ9話ネタバレと感想|黒川の提案に嫌な予感!葵と百合は前に進む?

同期のサクラネタバレ

9ヶ月の眠りから目覚めたサクラ。
リハビリを続けながら、新しい就職先を探しますが忖度しない性格が災いしてしまいます。

時間が止まったままの自分と、同期たちの成長した姿を見くらべて喪失感を覚えるサクラ。

このまま島へ帰ってしまうのか?
同期たちはサクラを引き止めることができるのか。

不採用続きのサクラが、やっと就職先を見つけると今度は黒川が現れて─…?
 

本記事では、同期のサクラ9話のネタバレと感想を紹介します。

\Huluなら2週間無料/

同期のサクラを全話イッキ見!

その他5万本の動画が見放題

同期のサクラ9話ネタバレ

 
ここから先は、同期のサクラ9話のネタバレを含みます。
まだドラマを視聴していない人は、閲覧に注意してください。

忖度しないサクラが復活!

 
9ヶ月の眠りから目覚めたサクラ高畑充希)は、駆けつけた同期に平成が令和に変わったことや花村建設を解雇されたことを聞かされます。

 
ショックを受けるのではないかとハラハラする同期たち。
しかしサクラは、これからは信じあえる仲間とたくさんの人を笑顔にする建物を作る夢を叶えるために頑張ると前向きに答えます。

そして、きてくれるのは嬉しいけど廊下は走らない方がいいと注意する姿に、同期たちは忖度しないサクラが戻ってきたと喜ぶのでした。

それぞれの悩みと就職難

 
9ヶ月もの間眠っていたサクラは、凝り固まった筋肉をほぐすためにリハビリに通います。

サクラが意識不明で入院している間、同期のみんながお金を出し合って家賃を立て替えてくれていました。
それだけでなく、最低限の家具も揃えてくれるという太っ腹ぶり。

それを知ったサクラは家まで付き添ってくれた百合橋本愛)にお礼を伝え、お金を返すと申し出ます。
百合は、みんながサクラが目覚めるのを信じてやったことだから必要ないと断ります。

 
そこへドアをノックする音が聞こえ、百合が出ると隣の住民・小梅大野いと)が良樹嶺岸煌桜)を連れて立っていました。

 
「あの節は、ありがとうございました」

そういって小梅は頭を下げます。
良樹にもお礼を言うよう伝え、旦那はいま外出中だから改めて伺うと言い残して帰っていきました。

 
百合は親にとって子どもは宝物だから、本当に感謝してると思うと話します。

親になった百合は、子どもを預けられる保育園の少なさや、育休を取ったときの周りの態度が気になるようになっていました。

そこで少しでも世の中を変えるために、会社をやめて働く女性のための託児所を作りたいと考えているとサクラに話します。
 

しかし夢に苦労をかけたくない…という躊躇いから、決断を踏みきれずにいました。

サクラは子どもの父親が新田真剣佑)だと知っていて、相談してはどうかと勧めますが葵はまだサクラを好きだから結婚する気もないと断ります。

***

リハビリするサクラの元へ、葵が様子をみにやってきます。
葵は頑張りすぎるサクラに”日にち薬”という言葉を教えました。
 

ゆめ
ゆめ
過ぎていく1日1日が薬になるという言葉だそうです

 
メモを取っていたサクラは、葵の視線に気付きます。

「あんまり見ないでください」

サクラの言葉に、葵は眼鏡も変わったし髪も伸びたから雰囲気が違って…と謝ります。
 
サクラの眼鏡は事故のときに割れてしまったため、高校生の頃に使っていた眼鏡を引っぱり出して使っていました。
 

葵は副社長になった黒川椎名桔平)から新しいプロジェクトを任されたらしく、忙しそうに会社へ戻っていきます。

去り際、葵は百合にプロポーズしたものの断られてしまったことを報告。

アドバイスを待っている雰囲気を感じ取ったサクラは「わたしに結婚とか恋愛は難しすぎる」と言います。

***

かつてリクエストがあった場所は、ネカフェに変わっていました。

ネカフェ『リクエスト』で廉太郎岡山天音)と職探しをしながら、菊夫竜星涼)とビデオ通話で近況報告していたサクラ。

菊夫はNPO法人に所属していて、代表になってほしいと頼まれたと相談をはじめます。

やってみては?と勧めるサクラですが、菊夫は人の上に立つ責任の重さに足踏みをしているようでした。
 
***

菊夫とのビデオ電話を終えると、今度は廉太郎がサクラに悩みを打ち明けます。

取引先に、理不尽な要求ばかりしてくるクライアントがいると話す廉太郎。
いいものを作るためにも「NO」を言えるようになるべきだと上司に訴えたところ、営業部へ移動させられそうになっているのだといいます。

 
設計ができないなら転職しようと思うけれど、すみれ相武紗季)が妊娠していて負担をかけたくないという内容でした。

サクラはすみれに相談するよう言いますが、廉太郎は安定期前のすみれに心配させたくないと断ります。

***

サクラが家に帰ると、すみれが作り過ぎたおかずを持って訪ねてきます。

流れで廉太郎の話題になると、すみれは移動の話を知っていました。

すみれから話してあげてくれないかと頼むサクラ。
それに対して、すみれは廉太郎も大人だから自分から答えを出す方がいいと断わります。

自分の存在意義を見失ってしまう

 
新たな就職先を見つけるため、いろんな会社に面接へいくサクラ。

しかし嘘がつけずに洗いざらい過去のトラブルを話してしまうことが裏目に出てしまいます。
さらには大企業の花村建設と取引している会社も多く、睨まれるのが怖くて軒並み不合格を言い渡されてしまうのでした。
 

結局サクラは、コンビニで働きながら就職活動をすることに決めますが愛想が足りない、行動が遅いと怒られてしまいます。

 
同期のみんなに会いたい…。

と思うサクラ。
でも忙しいみんなの邪魔をしたくなくて、言い出せません。

サクラは、せめてみんなの悩みを解決できないかと頭を悩ませはじめます。

***

それぞれに向けて、アドバイスの言葉を考えたサクラはみんなで鍋をしようと提案しました。

同期のみんなは最初こそ「行く」と答えていましたが、当日になると次々ドタキャンの連絡が入ってきます。
 

百合は会社を辞める決意を固め、セミナーに行きたいという理由でキャンセル。

廉太郎もすみれに相談して、転職するために上司と話をしたいからとキャンセル。

菊夫もNPO法人の代表になる決意をし、これからみんなに決意を伝えに行くからとキャンセル…。
 

葵だけが家にやってきますが、サクラと2人きりだとわかると「今日はやめよう」と言いはじめます。

「どうしてですか?」

「俺もうサクラのこと、吹っ切らなきゃいけないから」

葵は、百合が自分と結婚しないと言った理由がわかったと気がすると続け、悩むのをやめて本物のリーダーを目指すと報告します。

***

葵が帰って1人になったサクラは、自分がいなくても同期のみんなが悩みを解決してたことに喪失感を感じていました。

コンビニをクビになってしまう

 
相変わらず、レジ打ちが遅いサクラ。
イライラした客が、電話相手に大きな声で愚痴を言いはじめます。

無視をして作業を続けていたサクラですが、客の会話は次第にいかがわしい内容へと発展していきます。

 
小さな子連れの客が、気まずそうにしていることに気付いたサクラ。

「スゥ~~」っと息を吸ったあと、いつものように注意すると逆ギレされてしまいました。

やり取りを見ていた店長が間にはいり、新人だから社員教育が終わっていないとフォローを入れてくれますが、客は「だったら責任取って土下座しろ」と要求します。

 
店長は、言われるがままに土下座。
客はその光景を、ゲラゲラ笑いながら動画で撮影します。

***

騒動のあとコンビニをクビになったサクラが広場に寄ると、三田がベンチに座っていました。

三田はサクラとの会話で「今の時代、古いものは消えていくしかない」と言って去って行きます。

1人になったサクラがスマホを見ると、1件のメールが届いていました。
先日、面接にいった企業からの不合格通知です。

がくりと肩を落とすサクラ。
そこへ島のおばちゃんから着信が入り、東京に戻ってから連絡しないことにみんな怒ってると言われます。

「島に橋が架からないといったことを気にしてるなら間違ってる、みんなサクラを家族だと思ってる」

おばちゃんは、いつでも島に戻っておいでと声をかけます。

故郷に帰る決意を固める

 
サクラは故郷の島へ帰る決意を固めます。

同期のみんなには心配をかけないよう、新潟にある建設会社に就職が決まったということにするつもりでした。

鏡に向かって、何度も何度もセリフを練習していると同期たちがやってきます。

 
さっそく本題に入ろうとするサクラに、同期たちは待ったをかけてプレゼントを渡しました。
 
サクラがプレゼントを開けると、今までつけていたのと同じデザインの眼鏡が出てきます。

このほうがサクラらしいから、と同期のみんなでお金を出し合って買ったのでした。
さっそく着けてみせてと言われたサクラは、その前に本題に入りたいと切り出します。

 
すっと深く息を吸い、サンマさんもびっくりな早口で

「みなさんご心配をおかけしましたが、実は新潟の建設会社に就職が決まりました。

いい機会だし、地元のインフラ設備に貢献しようと思います。

みなさんに負けないように、あちらでも粉骨砕身がんばりたいと思います。

みなさんとお別れするのは大変寂しいですが、じゃあまたいつか」

 
と言いきったサクラ。

みんなは笑顔で「おめでとう!」と口にしますが、騙されたフリをしているだけでした。

嘘だと見抜いていた同期たちは、本当はどうする気かとサクラにたずねます。

サクラは島に帰って、じいちゃんの家を守りながら島の人たちに恩返しをして生きていくつもりだと打ち明けました。

北野サクラであり続ける決意をする

 
夢を諦めて島に帰ることに納得いかない同期たちは、サクラをある場所へ連れて行きます。
 
着いたのは10年前の新人研修で、サクラが社長賞にふさわしいと言った保育園の建設現場でした。
 

あのときのサクラの言葉が設計した人の背中を押し、いろんな困難を乗り越えて着工にこぎつけたのだと言います。

サクラはみんなの心に土台を作ってきたんだ、と訴える同期たち。

土台を作ったお前が逃げるのか?
それはこの現場を建設中止にするのと同じだ。

サクラは建物にしか興味ないから強い。
島に橋はかからなかったけど、心に橋を架けてくれた。

 
そんな必死の訴えかけに心が動かされたサクラは、新しい3つの夢を語ります。

  1. いつかこの素晴らしい仲間と建物を作ること
  2. 天国で見守ってくれてるじいちゃんに、今日もサクラは頑張ってるよって毎日胸を張って報告すること
  3. 故郷にかけたかった橋に負けないような橋を、これから出会う人の心にかけること

 
「それだけは諦められないので、これからも私は北野サクラであり続けます」

その言葉に、ほっと安心したような笑みを浮かべる同期たち。

サクラは「じゃあ、また明日」と手をあげて帰ろうとしますが、数歩進んで戻ってきます。
 

「大事なことを忘れていました。みんなで写真を撮りましょう」

その言葉に、同期たちはサクラを中心に集合写真を撮るのでした。

黒川がサクラを花村建設に呼び戻す

 
”自分を必要としてくれる人が、この世界にいる”

それを実感して、自信を取り戻したサクラ。

気に入った建物の写真を撮り、就職活動を続ける日々に戻ります。

面接では嘘をつかず、過去の経歴をすべて話していました。
この日も小さな建設会社の面接を受けていたサクラは、落ちたと思い帰ろうとします。

しかし面接した社長は「小さな会社だけど、それでもいいなら」と雇用したいと申し出てくれました。

大喜びで「ありがとうございます!」と頭をさげるサクラ。

 
そこへ黒川がやってきます。

サクラに、この会社でお世話になることにしたと聞いた黒川は、いいニュースと悪いニュースがあると告げました。

聞くのはどっちからのニュースでもいい、と言うサクラに黒川はまず悪いニュースを告げます。

それはサクラがこの会社に就職したら契約を打ち切るというもの。

 
文句を言おうと口を開くサクラ。

黒川はそれを制止し、いいニュースとして花村建設に戻ってこい。俺の元で働かないか?」と続けるのでした。

同期のサクラ9話感想・レビュー

 
サクラを励ますために、建設現場へ連れて行ったとこまではいいと思うけど、その後のセリフが臭すぎると思ったのは私だけでしょうか…(笑)

 
ちょっと見ててむず痒くなっちゃいました。
言ってることは素敵だと思うんですけどね。心に橋って。同僚に向かってはさすがに言えません!

葵は汚名返上ならず!

 
まさかの出産騒動で、SNS大荒れの株大暴落だった葵。
汚名返上してくるかな?と思いましたが、特に動きはありませんでしたね。

むしろ、いま結婚拒まれた理由に気付いたんかい!みたいな。

 
来週で最終回を迎えてしまうけど、イメージ回復は可能なのでしょうか。

黒川さんの動きは予想通りだったけど嫌な予感

 
黒川がサクラを呼び戻しましたね!
ここまでは考察通り。

ただ社長になった黒川がサクラを呼び戻して、橋の建設に関われてハッピーエンドと予想していたため、このタイミングは嫌な予感がします。

 
来週の予告を見た感じ、サクラは花村建設に戻るみたいですが「権力」に魅了されちゃうみたいですね。

黒川の狙いは何なのか…。
同期たちとの喧嘩も映っていたので心配です。

どうかハッピーエンドで終わって欲しいなぁ…。

スポンサーリンク

同期のサクラ10話(最終回)あらすじと予告動画

2020年4月―。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。花村建設の新入社員として出会ってから11年。今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。

 その1ヶ月前。建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ古巣への復帰を果たしていた。問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に感じていたサクラに、会社の未来に危機感を抱いていた黒川は、新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだと話し、新規プロジェクトのリーダーにサクラを任命する。やりがいを感じて目を輝かせるサクラ。黒川は今までのサクラの失敗の原因は頑固で融通が効かないことではなく、「力がないからだ」と教える……。

 新しく着工する橋の重役会議に黒川と共に出席したサクラは、橋のデザインと安全面に関する忖度なしの意見を述べて早速重役たちの不信感を買う。しかし、副社長の黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり……。“力”を持っていれば今まで無下にされて来た正しい意見がきちんと通せることを目の当たりにするサクラ。さらに黒川が組織の問題点を指摘し、自分が自分らしくあるためには力を持つしかない、と冷静さと情熱を持つ黒川に次第に感化されていく………。同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑)はそんなサクラをどこか不安そうに見守っていた。葵は飄々とした黒川のつかみ所のなさを信頼しきれないでいた……一方、新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)の話に耳を貸さず仕事に戻ってしまったり、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼)からネット電話を受けても、皆忙しいという理由で聞き流してしまう。さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先するサクラ……これまで、忖度しない言動の度に、組織との軋轢を生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じる。そんなサクラに、同期たちは、「あなたは、変わった。仲間なんてもう必要ないの?」と苦言を呈されるが、反論できない。

 サクラは、会社での「力」のために、仲間を捨てるのか?
第三の答えを見つけ出すのか?
夢を追い続けたサクラと同期たち仲間の10年間が激動のラストを迎える。

引用:同期のサクラ公式サイト

カテゴリ一覧
RELATED POST
同期のサクラ脳挫傷の原因を考察 同期のサクラ

【同期のサクラ】なぜ脳挫傷で入院しているのか原因を考察|隣の夫婦にとってサクラは恩人?

2019年12月4日
ドラマ・映画のネタバレ感想ブログ
1話で主人公が脳挫傷で入院、という衝撃的な展開ではじまった『同期のサクラ』 ドラマ開始当初からサクラの運命に隣の夫婦が大きく関わってい …
同期のサクラネタバレ 同期のサクラ

【同期のサクラ】Huluサイドストーリー「リクエストのミタ4話」ネタバレ|菊夫の片思いの行方は?

2019年12月18日
ドラマ・映画のネタバレ感想ブログ
同期のサクラ最終回放送のあと、リクエストのミタ4話が放送されました。 今回ミタさんが見たのは、廉太郎と菊夫のとある痴話げんか。 その …