映画

映画ペットのネタバレ・感想|スノーボールが可愛いすぎ

ペット

飼い主が留守の間、ペットは何をしているのか?

そんなテーマで描かれた映画【ペット】は、動物たちの愛情がたっぷりつまった物語。

主演キャラの声優をバナナマンコンビが務め、話題にあがっていた作品でもあります。リアル相棒でもある2人なので、しっかりと役にハマっていた印象です。

本記事では、映画ペットのネタバレと感想をまとめました。

ペット
映画ペットの吹き替え声優一覧!登場人物も紹介。ペットたちの素顔が最高にキュートな映画ペット。本記事では映画ペットの登場人物と、オリジナル版・日本語吹き替え版それぞれの声優を紹介しています。...

映画ペットのネタバレ

 
数年前に捨てられていたところを、ケイティに拾ってもらった小型犬のマックスは2人で幸せな日々を過ごしていた。

この幸せな毎日が、ずっと続けばいい─…

マックスのささやかな願いは、ケイティが保護犬のデュークを引き取ってきたことがきっかけで脅かされてしまいます。

 
身体もデカけりゃ、態度もデカいデュークにあっという間に寝床やエサを奪われてしまうマックス。

どうにかしてデュークを追い出し、平穏な日々を取り戻さなくては…!

そう考えたマックスは、ケイティが留守の間に部屋中を荒らして回ります。

ずっと一緒に暮らしてきたケイティなら、真っ先にデュークを疑うはずだと思ったからです。

 
保健所に戻りたくないデュークはこれまでの非礼をマックスに謝り、何でも言うことを聞く子分になります。

しかし内心では、王様のような態度のマックスにムカついていたデューク。

デュークは公園へ散歩にいく時間を狙ってマックスを連れ去り、路地裏に置き去りにしようとします。

路地裏のゴミ箱にマックスを捨てて立ち去ろうとするデューク© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
路地裏のゴミ箱にマックスを放り込み、立ち去ろうとするデューク。

しかし、マックスを捨てた路地裏は野良猫オゾンの住処でした。テリトリーを荒らされたことに怒ったオゾンに、デュークは首輪を取られてしす

自分より小さな猫相手なら勝てると思ったデュークは、オゾンに対して威嚇しますが……

実は路地裏にはオゾン以外にも山のような数の野良猫たちが住んでいて、次々と姿を現します。

 
最初は「何匹いたって変わらない」と去勢をはっていたデュークですが、数の暴力を目の前にして結局逃げてしまいました。

逃げていくデュークを笑うマックス© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
逃げていくデュークの後ろ姿を「ダサいやつ」と笑って見ていたマックス。

しかし、今度はマックスが野良猫たちのターゲットに!!

危険を感じ取ったマックスは、すぐ逃げの体制に入りますが、あっさり捕まりデュークと同じく首輪を取られてしまいます
 
さらに運の悪いことに、ちょうど保健所の人間が現れて”野良犬”と勘違いされたマックスとデュークは捕獲されてしまい…。

反ペット軍団の仲間入り!?

 
車に乗せられ保健所へ移送される間、なんとか逃げようとするマックスですが、檻は頑丈でビクともしません。

向かいに閉じ込められている巨大なブルドッグが檻に体当たりし、ビビるマックス。

「やっとケイティに助け出してもらったのに、また保健所か。もうお終いだ…」

デュークが怯えた表情でうずくまり、絶望に満ちた声でつぶやきます。

 

絶対絶命かと思われた、そのとき。

うさぎのスノーボールが仲間を引き連れて、車を襲撃!かわいい見た目で人間を油断させ、ボコボコにしたのち車をハイジャックします。

実はマックスたちと閉じ込められていたブルドック、リッパーはスノーボールの仲間で、救出にきたのでした。

 
手際のいい救出劇を目の当たりにしたマックスとデュークは、「自分たちも助けてくれ」と懇願しますが”飼い主に捨てられた元ペット軍団”を名乗るスノーボールは「ペットは助けない」とバッサリ。
 
人間を殺したとドヤ顔するマックス© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
このままでは置いていかれると焦ったマックスたちは、飼い主を殺して首輪は焼き切ったと口からでまかせを吐きます。
 

人間を殺したと聞いて目を輝かせたスノーボールは、ふたりを子分にする約束で救出し、アジトへ連れていくのでした。

ギジェットがマックス救出に乗り出す

 
マックスが行方不明になったと気づいたギジェットは、マンションの屋上にのぼって探そうとしますが…。

屋上から見えたのは、終わりない景色。

ニューヨークの景色© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
途方に暮れるギジェットに、背後から誰かが話しかけます。

声の主は、屋上の鳥小屋に目隠しをされた状態で鎖に繋がれた鷹(タイベリアス)でした。

わたしは目がいいんだ。出してくれたら、お友達を探してあげよう

その言葉に大喜びしたギジェットは、タイベリアスを出してあげることに。

しかし目隠しを外すや否や、タイベリアスは大きく羽を広げてギジェットを襲います。

ギジェットを襲うタイベリアス© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
タイベリアスの足かせを外し忘れていたおかげで、なんとか助かったギジェットは自分を食べようとしたことに大激怒。

一気にしおらしくなったタイベリアスは平謝りして”本当は友だちが欲しいのに、衝動がおさえられないせいでひとりぼっち”だと泣きだします。

 
可哀想になってしまったギジェットは、最後に1度だけチャンスをあげると言い、マックスを見つけてくれたら自分がタイベリアスの親友になると約束しました。
 

ギジェットと楽しく空を舞う妄想をふくらませ、やる気満々になったタイベリアスは鎖を外してもらうと、マックスを探すため空へ飛び立ちます。

仲間入りの儀式

元ペット軍団© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
下水道を通って元ペット軍団のアジトへ向かったマックスとデュークは、数えきれないほどの野良ペットたちを目にします。

飼い主殺しの新入りと聞き、沸き立つ元ペットたち。

アジトにいる動物は、人間の身勝手な事情でゴミのように捨てられた過去があり、人間を恨んでる元ペットばかりです。
 

マックスとデュークは仲間に加わる儀式として、大蛇のひと噛みを受けるよう迫られます。

マックスの居場所が判明!

 
タイベリアスは、マックスの首輪を持っていたオゾンを拉致して屋上へ戻ってきます。

マックスの居場所を聞き出そうとしますが、オゾンはなかなか口を割りません。

痺れをきらしたギジェットは、鬼のような顔で何度も往復ビンタを食らわせます。

ビンタするギジェット© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
ギジェットの気迫に負けたオゾンは、ついにマックスが下水道へさらわれたことを告げるのでした。

ペットであることがバレる

 
忠誠のあかしに、大蛇のひと噛みを迫られたマックスとデューク。

無理やり連行され、おしりに印をつけられて、あと少しで牙が刺さるというタイミングで下水道に「よせーーい!」と声が響きます。

 
現れたのは、マックスたちの首輪をとった野良猫集団。

猫たちの証言で、マックスとデュークはペットであることがバレてしまいました。

 
騙されたスノーボールは怒り、2匹を捕らえて大蛇のエサにしようとします。

必至で抵抗するマックスたち。デュークが大蛇のしっぽに噛みつき、ぶんぶん振り回して投げ飛ばします。

柱に巻き付く大蛇© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
飛ばされた先の柱に、身体が巻きついてこんがらがる大蛇。

気絶したかと思われましたが、すぐに目を開き目の前のマックスに牙をむきます。

 
怯えてあとずさりするマックス。しかし、すぐ後ろは行き止まり。下は下水が広がっていてワニが口を開けて待っています。

逃げ場を失ったマックスに、大蛇が襲いかかりますが身体が柱に巻きついていて届きません。

さらに不幸なことに、柱に巻きついたまま勢いよく前進したため天井が落ちてきて潰れてしまいました。

 
目の前で大蛇が死んでしまい、悲しむ野良ペットたち……。

敵を逃がすまい、と全員でマックスとデュークを追いかけます。

 
命の危機を感じたマックスたちが逃げた先には、足元にダムが広がっていました。

立ち止まってしまうデュークたち。しかし引き返すこともできず、意を決してダムに飛び込みます!

ついにマックス捜索隊が出動!

 
マックス救出のため、ギジェットは近所のペットを集めて一緒に探そうと訴えます。

最初はみんな乗り気ではありませんでしたが、クロエの説得でマックスが今まで自分たちを何度も助けてくれたことを思い出し、救出に協力することに。

 

ダムを流されたマックスたちが行き着いたのは、海のど真ん中。

デュークは通りかかった船に乗り込みますが、泳ぎが苦手なマックスは溺れてしまいます。

「助けて!」

マックスの叫びに、デュークは船に備え付けられていた救助用の浮き輪を放り投げ、マックスがしがみついたのを確認して引き上げます。

無事、船に乗れたマックスは「やっと家に帰れる…」とホッと一息つきますが、船は家と反対方向に向かっていました。

 

マックスたちを追いかけてきたスノーボールたちは、2匹が船に乗ってブルックリン方面へ移動するのを確認。諦めず追いかけると誓います。

 

ダックスフンドのバディの紹介で、ポップスを訪ねたギジェットたち。

ポップスはとても顔の広い、後ろ足が不自由な老犬でした。

ポップス© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
 
事情を聞いたポップスは、下水道に知り合いはいると答えますが、「最近あまり出歩かないから…」と、あまり気乗りしない様子。

雰囲気を察したクロエが「無駄足か…」とつぶやくと

声がポップスのドストライクにはまったらしく、途端に元気になってみんなを下水道へ案内してくれることに。
 

やっと陸にたどり着いたマックスたちはお腹ぺこぺこ。

近くのベンチに座っていた人間に愛嬌をふりまいてご飯を貰おうとしますが、失敗に終わってしまいます。

このまま帰れなかったら、どうしよう……

悲観的になるマックスたちですが、どこからか漂ってきたソーセージの匂いに大喜びで走り出します。

たどり着いたのはソーセージ工場。

従業員の目を盗んで工場の中に入り込んだマックスたちは、心行くまでソーセージを食べるのでした。

ソーセージ工場にもぐりこんだマックスとデューク© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

 

やっと地下にたどり着いたポップスは、近くにいたワニに大蛇を呼ぶよう言いますが、大蛇は死んでいました。

スノーボールがよくわからない絵を書きながら「復讐してやる!」と変な笑い声をあげるのを見たポップスは、さっさと見切りをつけて帰ろうとします。

 
しかし、スノーボールがマックスを捕まえると言ったのを聞いていたギジェットは「マックスに手を出さないで!」と声をあげました。

クロエがとっさに、ギジェットの口を押えますが時すでに遅し。知り合いだとバレてしまい、追いかけられてしまいます。

 
なんとか危機一髪で逃げおおせたのですが、方向音痴のノーマンだけがあろうことか道に迷って適地へ戻ってしまい、捕獲されてしまうのでした。

デュークが捕まる

 
ソーセージをたらふく食べていい気持ちになったついでに、打ち解けたマックスとデューク。

デュークはずいぶん前に人間に飼われていたことをカミングアウトし、その家が工場の近くにあると話しました。

とてもいい飼い主で、幸せに暮らしていたのに夜に蝶々を追いかけて迷子になってしまった結果、保健所に捕まったと悲し気に話すデューク。
 

保健所に飼い主が迎えにきてくれなかったことを気にして、実は自分を嫌いだったのかもと思っているようです。
 
その様子を見ていたマックスは、飼い主が絶対喜ぶはずだからとデュークを説得して、昔の家に行ってみようと持ちかけます。

話がまとまったタイミングで、通報をうけた保健所の人間が現れて2匹は外へ逃げ出しました。

 
デュークが昔飼われていた家の、すぐ近くにきた2匹。

デュークがためらいながら家の様子を見に行くと新しい車が置かれているだけでなく、猫嫌いだったはずなのに猫が飼われていて不審がります。

すると猫は、元飼い主(フレッド)が死んだことを告げ、パニックになったデュークは新しい家の持ち主たちに大声で吠えます。

マックスは「帰ろう。もうここは君の家じゃない」と言い聞かせますが、

デュークはショックのあまり「どうして俺をここに連れてきた!厄介払いしたかったんだろ!」と八つ当たり。

 
喧嘩になってしまったマックスは、その場を離れようとしますが駆けつけた保健所の職員に捕まってしまいます。

体当たりするデューク
 
連れていかれそうになるマックスを助けるため、デュークは職員に体当たり!

マックスは捕獲器から抜け出しますが、代わりにデュークが捕まってしまいます。

デュークはマックスに家に帰るよう叫び、そのまま車へ乗せられてしまうのでした。

逃げたと見せかけて、物かげから覗いていたマックスは、走り出した車を追いかけます。

スノーボールと共同戦線をはる

 
保健所の車を追いかけていると、人間のふりをして街中に紛れ込み、マックスを探していたスノーボールたちに見つかってしまいます。

マックスを追うスノーボールたち
 
やっと車に追いついたマックスが後ろの足場に乗っかると、ちょうど赤信号で車が停車。

マックスを追い回していたスノーボールたちは勢い余って車に激突してしまいました。その衝撃で後ろを確認した職員は、よろめくタトゥーの姿を確認して捕獲器を持っておりてきます。

 
そんなことは知らないスノーボールはマックスに飛びつき、ゴロゴロ転がりながら取っ組み合いに。

しかし、その間にタトゥーたちが捕らえられてしまい、困ったスノーボールはマックスと不本意ながら共同戦線をはることに。

 
バスを運転するスノーボール
 
どこからかパクってきたバスで、周りの車を蹴散らしながら保健所の車を追うスノーボール。最後はわざと、アクセル全開状態で後ろからぶつかります!

マックスたちが乗るバスは転倒。保健所の車は人間を放りだして橋から落ち、工事中の足場に引っかかりました。

ぐったりした状態のスノーボールをくわえて、バスから出たマックス。ですが、その様子を見た元ペット軍団にボスを食べてると勘違いされて囲まれてしまいます。

誤解だと訴えるマックスの言葉など聞く耳もたない動物たちが、じりじりとマックスを追い詰めた、そのとき。

タイベリアスに乗ったギジェットと、仲間たちが駆けつけた。ギジェットは次から次へと動物たちをなぎ倒して、あっという間に殲滅させる。

 
マックスはその場をギジェットに任せ、デュークの乗る車へと走ります。

帰宅

落ちそうなトラック
 
檻に閉じ込められたデュークを救うため、カギを取りに行こうとするマックス。しかし力及ばず、車は海へ落ちてしまいます。

海の中でもがく2匹─…。

そこへ、鍵を持ったスノーボールが現れます。スノーボールがマックスに鍵を渡したおかげで、なんとかデュークの救出に成功。

動物たちは、それぞれの家へと帰って行きました。

タクシーで帰るペットたち
 
ぞろぞろとアパートへ帰っていく様子を見たスノーボールは、「いやぁ可哀想になー。ペットはおうちに戻る時間か!俺らは違う!」とにやり。

しかしその直後、母親と帰ってきた小さな女の子に見つかってペットとして迎えられることになりました。

最初は抵抗していたスノーボールですが、「一生かわいがるからね」という言葉に根負けします。

女の子に抱きしめられるスノーボール
 
自宅に戻ったマックスとデュークは、1日のクライマックスを迎えます。愛しのケイティが帰ってきたのです。

2匹は大喜びで飛びつき、ケイティと一緒にベランダから夜景を眺めるのでした。

映画ペットの感想

 
いやぁ、スノーボールが可愛すぎました。

一目見たときから、ぜったい仲間になるパターンの悪役じゃん、と…。(笑)

ふわっふわで真っ白な、まさに雪玉のようなうさぎちゃんがガチな悪役に回れるわけないじゃん!!

最後は予想通りお仲間入り。

女の子に捕まって、最初は暴れてたけどすぐに大人しくなったところを見ると本心では寂しかっただけなのかなと思いました。

前の飼い主はマジシャンで廃業ついでにスノーボールのことも捨てたって言ってた気がするけど、こんなかわいい子捨てるなんて……お前の目は盲目か!?

新しい飼い主と上手くいくといいね!
 

そしてマックス大好きなギジェットも可愛かった。

家ではお姫様扱いされているのであろうギジェットが、マックスのことになるとになるシーンは迫力満点。

最後の乱闘シーンとか、ずっと俺のターン状態だったしね。

普段はあんなに可愛らしいのに、どすの効いた声で「寝てな!」って姉御感たっぷりなセリフを吐くのは、つい笑ってしまいました(笑)

それでもなお、マックスの前ではクールぶる姿が健気できゅん…。
 

あとタイベリアスもね、最初ぜったい悪い奴だと思ってて途中で裏切って食べるパターンだろ!って疑ってたけど普通にいい奴でした(笑)

疑ってごめんね~~。

 
映画は面白かったけど、圧倒的な悪役がいなくてみんな仲良し!めでたし、めでたしな終わり方だったので、どちらかというと子ども向けかな?といった印象を受けました。大人は、少し刺激が足りないかもしれません。

ゆめ
ゆめ
十分、楽しかったけどね!動物好きにはたまらなかった~
ひつじ
ひつじ
ほっこりする映画だったな

個人的に、スイートピーと飼い主さんがツボでした。出番ほぼなかったのに、最後の最後で可愛さメーター振り切ってきた感じ。

ペット2も楽しみにしたいな~と思います。