ニッポンノワール

ニッポンノワール5話ネタバレ|十億円強奪事件の黒幕は碓氷薫!克喜との関係は?

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~

ニッポンノワール5話を視聴しました。

第一章が完結とのことで、ついに十億円強奪事件の真犯人が明らかに!

本記事では、ニッポンノワール5話のネタバレ・感想を中心にまとめていきます。

ニッポンノワール5話あらすじ

依然として謎に包まれた「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」の接点。
才門要(井浦新)は遊佐清春(賀来賢人)に、強奪された十億円は警察の極秘プロジェクト『ニッポンノワール』の資金だった。さらに薫は十億円事件を追う中で謎の組織ニッポンノワールの存在を突き止め殺害された可能性が高いとも告げる。
捜査一課長の南武修介(北村一輝)は、警察組織の中に『ニッポンノワール』の息がかかった人物が紛れ込んでいる可能性を示唆する。
規模も目的も謎に包まれた『ニッポンノワール』。
薫はどこまで真相に迫っていたのか。そして真相に迫ったからこそ殺害されたのか…
こうした中突然、清春たちはガスマスクの男に散弾銃で襲撃される。
防犯カメラの映像などから犯行は半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内によるものだと判明。ニッポンノワールとの繋がりは…取り調べを進める清春に対し陣内は「碓氷克喜(田野井健)だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と謎めいた言葉を投げかける。
一方、そのころ、警察の建物にはガスマスクを装着した男が約100人の武装集団を率いて歩みを進めていた。
誰が味方で誰が敵か…何が真実で何が虚構か…
加速する急転の第5話…。この日、ドラマ「ニッポンノワール」第1部が完結を迎える。

出典:ニッポンノワール公式

ニッポンノワール5話ネタバレ

 
この先はニッポンノワール5話のネタバレを含んでいます。
まだドラマを観ていない人は、注意してください。

碓氷薫と関係を持った日の記憶がよみがえる

 
清春は、夢の中で薫に克喜の父親が自分だと告げられた日のことを思い出していた。

10年前。
警察学校の生徒だった清春は、相談と称して薫をホテルのラウンジに誘い酒を飲ませて一夜の関係を持った。

ゆめ
ゆめ
状況的に何らかの薬を混ぜていたんじゃないかなーと思います。
ひつじ
ひつじ
こっそり付き合ってたとか、口説いたとかじゃないんかーい。これじゃ犯罪……

清春にとっては赴任してきた薫を見ても忘れていたくらいの、軽い関係。
しかし薫にとっては10年間、さまざまな感情を負わせる重い一夜となったと言われた当時の清春は何とも言えない表情をうかべる。

 

目を覚ました清春の視界に、克喜の顔がドアップで映る。

「清春さんが寝てるの珍しかったので」

と言う克喜。”寝る”というワードに反応した清春は、つい「お前のお袋と寝たのは流れ」と口走ってしまう。

さすがに小学生なので意味は通じていなかったのが唯一の救いですね(笑)

動揺を隠せない清春は、まだ早い時間にも関わらず克喜にランドセルをしょわせて学校へ行けと追い立てる。

ガスマスクの男と才門の関係は…?

清春がボナーロに行くと、何食わぬ顔した才門の姿が。

余計なこと言ってないだろうな?と探る清春。才門は「言ってないよ。お前が克喜の父親だって」と答えるが、マスターたちに聞かれてしまう。

質問攻めにあうも、班長に言われたのを思い出しただけで混乱してるし克喜にも言っていないことを伝える。
「その調子で他のことも思い出してくれるといいんだけどね~」

才門の言葉に、昨晩のことを思い出した清春はどうやってガスマスクの男から自分を救ったのかと問い詰める。
偶然通りかかっただけだと言う才門。
しかし昨日の遊園地は南武が貸し切っていたから、偶然はありえない。

「南武課長は克喜を使ってあんたをパクろうとした。あんたは、江國のおっさんを使って南武を殺そうとした」

そうだろ?と問いただす清春。
しかし才門は、知らぬ存ぜぬの一点張り。
ガスマスク男の正体はお前じゃないのかと才門に迫ると、じゃあなぜトドメを刺さず助ける必要があったのかと聞かれてしまい言葉につまる。

話の流れでニッポンノワールの組織名が出ると、今度はその名前にマスターが反応する。

マスター曰く、現役時代から都市伝説的な存在として暗躍していた組織で、捜査一課が警察の中の警察だとすればニッポンノワールは警察の外の警察だという。

現行の警察では取り締まれないほど強い権力を持っていると聞いた清春は、ニッポンノワールが十億円強奪事件の黒幕なのかと聞くが、その逆で被害者だと才門は答える。

十億円強奪事件で奪われたお金はニッポンノワールの資金だった。

話を聞いていた咲良は、姉の星良入山法子)が関わっていたプロジェクトこそがニッポンノワールなのか?と驚愕する。

お金は取り返したい、でも存在は公にしたくない。
そんな葛藤の中で組織は動いていると才門は話す。

どうしてそんなに詳しいんだと聞く清春。
才門はまたしても薫に聞いたと答える。薫は星良のためにニッポンノワールの存在を突き止めた。

「今思えば、そのせいで殺されたのかもしれない」

「……じゃあ、ガスマスクの男が班長を殺した?」

清春がつぶやいたのと同時に、ボナーロの窓が外から割られる。

ボナーロを襲ったガスマスクの男

出典:ニッポンノワール

 

窓の外に銃を構えたガスマスクの男を見つけた清春は、「…っの野郎!」とひとりで追いかける。

追いついた清春と取っ組み合いになったガスマスク男は銃を発砲し、清春が身を隠したすきに逃走。

狙ったのは才門なのか、清春なのか。

清春がみあげた壁には、NNニッポンノワール)」というマークが残されていた。

今朝のガスマスク男は成りすまし?

ボナーロ付近の監視カメラを確認する南武たち。

南武は遊園地で襲われたときの監視カメラは何者かに消去されており、今朝の映像だけがガスマスク男の手がかりだという。

しかし清春は、昨日戦ったやつより明らかに弱かったから同一人物じゃないと断言する。

南武はマスクのデザインが同じだから何らかの関係性はあるだろうと見て、この男の正体を突き止めろと班に指示を出した。
 

屋上に南武を呼びだした清春は、なぜ班の人間にニッポンノワールのことを話さなかったのかと聞く。
南武は組織の情報が少ないこと・班にも息のかかった人間がいるかもしれないことを話し、「人と会う約束がある」と早々に立ち去ろうとする。

南武が日本にいた証拠写真を取り出す清春

出典:ニッポンノワール

清春は懐から遊園地で預かった写真を取り出し、

  • 薫が殺された日に、何をしていたのか
  • なぜ海外出張を捏造する必要があったのか

を問いかけた。

観念した様子の南武は、薫に「巻きこみたくないからアリバイ作りのために深夜便で飛び立ってほしい」と頼まれたと話す。

これから起こることは克喜と向き合うために必要なことだと薫が言っていたこと、ただしそれがどういう意味なのかは聞けなかったという南武。

碓氷の言う通りに海外へ立つつもりだったが、克喜から警察病院での再検査の相談を受けたため付添人として日本に残ったと話す。

当時の南武は警察病院というのがひっかかり探ったものの、何もわからなかったという。

「でも当時の碓氷は克喜のために事件を追っていた。つまり克喜も安全とは言えない」

南武は克喜から目を離すなと言い残し、タバコを「持ってろ」と渡して去って行った。

南武が会う約束をしていたのは碓氷の父!

元警察庁長官

出典:ニッポンノワール

清春と別れた南武が会う約束をしていたのは、碓氷の父親だった。

事件の様子を聞きにきたという元警察庁長官に、南武は「進展はしています。薫さんを殺した真犯人も、十億円事件の真相も明らかにします」と伝える。

しかし碓氷の父が気にしたのは、克喜の居所
清春の元にいると聞いた碓氷の父は、「そろそろ返してもらわないと」と言うのだった。

名越に知られる

清春がボナーロに戻ると、マスターがうっかり口を滑らせて名越に”克喜の父親が清春”だと知れていた。

「このままじゃ俺の薫さんへの愛が消化できませんよ!こうなったら、アレで勝負しましょう」

といい、上半身裸になる名越。

ひつじ
ひつじ
でた、乳首相撲w

しかし「やるわけねぇだろ」と清春に洗濯ばさみをバチン!と抜き取られて悶絶する。

そこへ克喜がやってきて、名越は清春が父親だとチクろうとするが…
「それ以上言ったら乳首をむしり取るぞ」と低い声で脅されて涙目になりながら逃げていく。

克樹は清春に三者面談のお知らせを渡し、「行く」と聞いて嬉しそうに笑顔をこぼす。

才門の怪しいやり取り

一方その頃、才門は誰かと電話で話していた。

「ノリですよ、そんなに怒らないでくださいよ。志は一緒です。俺たちは運命共同体なんですから」と相手をなだめる才門。

通話を切り、電話を机に置く才門。
テーブルにはスマホが2つ並んでいた。

才門と親し気な高砂

出典:ニッポンノワール

そこへ後ろから高砂が顔を出し、誰と話していたのかと尋ねる。

才門は振り向いて「協力してあげようかなーと思って。ガスマスクの男、探してるんだろ?」と言う。

三者面談!魁皇高校の先生が登場

旭谷第三小学校へ三者面談に赴いた清春。

キョドりながら会場へついた清春を、バッファローA吾郎(3Aに登場していた教師)が出迎える。

三者面談がはじまり、先生が「お父さん」という単語を出すたびに「お父さん!」と大声を出して挙動不審になる清春。

ゆめ
ゆめ
三者面談のシーン、めちゃくちゃ笑いました…!(笑)

克喜の普段の生活を聞かれたときには、「朝起きて、飯食って、学校行って、帰って、飯食って、寝て……」と答えて「全生徒がそうだと思います」と突っ込まれていました。

最後にどんな人間に育ってほしいかと聞かれた清春は”後悔してほしい”と答える。

ああしなきゃ良かった

こうすれば良かったって後悔して、

その悔いを改めたり糧にしたり、そうやって何度も躓くことで強くなって欲しい

まだ父親だと知ってから日が浅いですが、こんなセリフが出てくるってことは清春なりにしっかりと考えてたんですね。

三者面談が終わり、校舎をでるときに克喜は「後悔して強くなる、ですね。今日は来てくれてありがとうございました」と嬉しそうに伝えます。

ゆめ
ゆめ
これ克喜くん、清春が父親だって聞こえてたんじゃないかなぁ…
ひつじ
ひつじ
かなり声の音量大きかったもんな

そこへ名越から着信が入り、ガスマスク男の正体がわかったと聞いた清春は慌てて署へと戻っていく。

ガスマスク男の正体はベルムズの現リーダー:陣内なぎと

ベルムズのリーダー陣内なぎと

出典:ニッポンノワール

高砂の情報で、ガスマスク男の正体がベルムズの現リーダー、陣内なぎとだと判明する。

班のメンバーからは、警察とベルムズの繋がりを疑う声が。

南武はベルムズのメンバーを片っぱしから捕まえて、陣内の居場所を吐かせろと指示する。

その後、南武は清春だけを呼びだして一緒に喜志の元へ。

陣内の居場所やアジトの場所を聞き出そうとするが、喜志は「仲間は売れない」と口を割ろうとしない。

武力行使しようとする清春を止め、南武はベルムズのメンバーが次々と行方をくらましていると伝えて「何が起きてるか知るためにも、バックの人間を調べる必要がある」と説得する。

何かが起きていると悟った喜志はわかったと言い、「俺に任せてくれませんか」と頼む。

 

喜志のもとを去ったあと、清春はさっきの話が本当かと南武に訊ねる。
南武は事実だと言い、「それがニッポンノワールとどう繋がってるかはわからないが…」と続けた。

汚いやり方で陣内逮捕!

さっそく陣内の居場所をつきとめ、訪ねた喜志。

オフィスビルを構えている陣内に「ヤクザ気取りか」と言うも、「半端者がイキがる時代は終わったんだ」と言われてしまう。

ベルムズのメンバーが行方をくらましている件で警察が嗅ぎまわってると忠告すると、

「俺たちのバックに言えばすぐ静かになる」と返す陣内。

喜志はそのバックとはどこの誰なのかと聞くが、陣内は答えようとしない。

「ベルムズはお前の道具じゃない。仲間に妙な真似したらタダじゃおかないぞ」

とすごむ喜志だが、陣内は喜志がモデルの女子高生にほだされたせいでベルムズが解散の危機に陥ったこと、それを救ったのは俺(陣内)だと指摘する。

にらみ合いを続ける両者。

そこへ清春が突入し、驚いた喜志は「待ってください。俺に任せてくれるんじゃ…!」と食ってかかるが清春は「知らねぇよ」と一蹴。

ベルムズのリーダーに花瓶の水をかける清春

出典:ニッポンノワール

令状がないから連行できないだろうと余裕しゃくしゃくの陣内に、清春は近くにあった花瓶の水をかぶせ、殴りかかってきたところを公務執行妨害として現行犯逮捕した。

陣内の取り調べがはじまる

陣内逮捕の知らせを聞いて、外に出ていた班のメンバーが続々と帰っていく。

買い物帰りらしき高砂は「要のおかげだよ。帰ったらご馳走するから」と笑顔でラブコール。

ゆめ
ゆめ
今カノ?利用されてるだけ?

高砂との電話を切った才門は、2つのスマホを並べて「どちらにしようかな」とつぶやく。

 

取調室にはいった清春は、ボナーロ周辺の監視カメラ映像をみせてガスマスク男との関係性を聞き出そうとするが、陣内はおちょくるような発言ばかりして答えようとしない。

取調室についている監視カメラのせいで、いくらふざけた返しをしても手出しができないだろと笑う陣内。

清春は陣内の向かい側に座り、拳銃を机に放り投げる。
そして「握ってみろよ。ショットガン使えるんだから問題ないだろ」とけしかける。

陣内が言われた通りに握ると、今度は銃口を自分に押し当てて「撃ってみろ」と挑発した。
なかなか撃とうとしない陣内にベルムズのリーダーは腰抜けでもつとまるんだなと煽る清春。

「調子のんじゃねぇよ!」

キレた陣内が引き金を引いた瞬間、清春は銃口を監視カメラに向ける。

弾が当たり、監視カメラが壊れたのを確認した清春は「あーあ。壊れちゃったよ。悪い奴だな…」と立ち上がり、陣内に殴りかかる!

碓氷の父に呼びだされた南武は、陣内への取り調べを即刻中止して釈放するようにと忠告される。

陣内を捕らえた刑事に職権乱用の疑いがある、マスコミに騒がれたら困るという元警察庁長官。

南武は「そんな事実はどうにでも握りつぶせるから問題ない」といい、「それとも半グレ集団ベルムズと警察が繋がっているという噂が本当なんですか?」と続けます。

薫の父親は「そんなわけないだろう」と鼻で笑い、「ちょっと失礼」と立ち上がる。

そして離れた場所まで移動すると誰かに電話をかけ、「陣内なぎとの対応をすべて任せる」と伝えるのでした。

克喜が危ない?清春の父性本能が炸裂!

清春にボコボコに殴られて口から血を吐きながら、陣内は狂ったように笑いだす。

碓氷克喜だっけ?可愛い顔してるよな

突然出てきた克喜の名前に、ぴたりと動きを止める清春。

あのガキがどうなっても知らないぞ?俺はあいつの全てを知っている

高笑いする陣内。
理性を失った清春が「どういう意味だよ?答えろよ!」と怒鳴りながら何度も殴りつける。

殴り殺してしまうんじゃないか、という寸前で駆けつけた宮城細田善彦)らが清春を取り押さえて連れて行く。

喜志と諏訪の再会

バーで呑んでいた喜志は、久しぶりに諏訪今田美桜)と再会を果たす。

再会した喜志(栄信)と諏訪(今田美桜)

出典:ニッポンノワール

事件後に会うのは初めてらしく、ぎこちなくお互いのその後を語り合う2人。

モデルを続けて少しずつ前へ前進している諏訪の姿に、喜志は自分の人生を悲観する。

「正臣はどうなの?」

「見りゃわかんだろ。償うものが多すぎる。全部周りのせいにして、だから誰も守れねぇ」

そうつぶやき、店を出ていく喜志。
店を出てすぐのタイミングで着信が鳴り、電話にでた喜志は「本気で言ってんのか?バカな真似はやめろ」と慌てはじめる。

「おい…おい!」

切れた通話に呼びかける喜志。
そこへ「お前は間違ってない」と後ろから諏訪が話しかける。

「高校の先生に言われたの。

”途方に暮れて、それでも正解を求めて前を向く。

みんなみっともないんだ、恥を繰り返して強くなるんだ”って。

だから正臣のこれまでもきっと、間違ってないんだよ」

その言葉に、喜志は「お前のせいで酔いがさめちまった」と去って行くのでした。

宮城に克喜の父親だと告白する

急に声が聞きたくなったと電話してきた清春に、電話の向こうで戸惑いながらも嬉しそうな顔を浮かべる克喜。

通話を終え、すっかり落ち着いた様子の清春に宮城は黙ってコーヒーを渡す。

清春は宮城に、警察学校時代の賭けの話をはじめる。

「賭けをしたのは思い出した。でもその中にお前いたっけ?」

「いたからお前が嘘ついたのを知ってるんだよ。俺たちはお前のデマを信じて1万ずつ払ったんだ」

清春はあのとき本当に寝ていたこと、そのとき出来たのが克喜だということを告白する。

動揺する宮城。
清春は小さく笑いながら「ビビるだろ、俺にガキなんてな…」とつぶやく。

取調室で暴れたのは、陣内が克喜の名前を口にしたからだと話す清春。

なんで俺に話したんだ?と不思議がる宮城に、清春は暴れたことを課長にうまくフォローしてくれないかなと思ってと答え、2人の間に笑みがこぼれる。

ゆめ
ゆめ
わだかまりが解けたみたいで、良かった!

しかしそこへ、陣内救出のために武装したベルムズの集団が乗りこんできて乱闘騒ぎに!

姿を現したのは…喜志!

警察署に現れた喜志

出典:ニッポンノワール

陣内を返してもらおう

そう言って取調室に姿を現したのは喜志だった。

立ち向かう江國の傷口を容赦なくえぐり、もだえたところを投げ飛ばす喜志。

ひつじ
ひつじ
い、痛そう……

倒れている警官のズボンから手錠の鍵を取り出し、陣内を解放する。

……かと思いきや。

「まさかアンタに助けてもらうとは」と、ヘラヘラする陣内の首元に喜志がナイフを突きつけた!

陣内を人質に取った喜志の要求は…

向かってきたベルムズたちを倒した清春ものとに、喜志から「陣内を預かった」と電話がかかってくる。

返してほしければ1人で屋上へ来いと言われた清春は、屋上へと急ぐ。

陣内を人質にとる喜志

出典:ニッポンノワール

「笑えねぇ……」

つぶやき、清春は銃を構える。
今なら見逃してやるからナイフを捨てろと説得するが、喜志はこれでいいと言う。

喜志は、自分がすべての責任を取るかわりに他のメンバーを不問にしてほしいと交渉するために呼んだと話す。

これまでの罪をちゃんと償いてぇ

ゆめ
ゆめ
南武の手回しではやく出所できたって言ってたけど、罪の意識にさいなまされていたのかな

喜志の言葉に困惑する清春。
まさか元半グレ集団のリーダーが、そんなこと言うとは夢にも思ってなかったんでしょうね。

「他のやつらはパクらないでやってくれ。あいつらは─…」

そこまで言ったとき、パンっと発砲音が鳴り響く。
撃たれたのは喜志だった。

「俺じゃねぇ……」

清春は倒れこんだ喜志に駆け寄る。
そのすきに拘束をといた陣内は、慌てて逃げていった。

清春は向かい側の階段にショットガンを持ったガスマスク男がたっているのを見つけて向かおうとするが、喜志に止められる。

「あいつらを守ってやってくれ」

清春は「喋んな」と止めるが、喜志は「手遅れだ」と言う。

「やっと前を向いて生きて行こうとしたのに、カッコつかねぇよな」「次はもっと、笑って生きてぇなぁ…」

そういって静かに息をひきとる喜志に、清春は歯をくいしばる。

「お前バカだな…。いま最高にいいツラしてんぞ」

怒りを堪えながらつぶやく清春。
そこへガスマスク男から着信が入る。

清春に電話するガスマスク男

出典:ニッポンノワール

陣内を守るために撃ったというガスマスク男に、「お前誰だよ!」と吠える清春。

ガスマスク男はヒントをあげると言い、壁を見ろと指示した。
壁に映ったのはまたしても「NN(ニッポンノワール)」のロゴ。次第に清春の意識が遠のいていく。

薄れゆく意識の中で、清春は薫と山小屋で話した内容を思い出していた。

豹変する克喜

清春の家に泊まっていた咲良は、気配を感じて目を覚ます。

起き上がった咲良が見たのは暗闇にたたずむ克喜の姿。
異様な雰囲気の克喜に、咲良は「どうしたの?」と声をかける。

「薬…」「薬がない」

そうつぶやき、空になった薬のビンを床に落とす克喜。

発作でも起こしたかのように「どうしよう、アレがないと…」と繰り返し、発狂。

「あーーー!!!」と叫びながら部屋中をめちゃくちゃにしたあと、意識を失ってしまう。

十億円強奪事件の黒幕は碓氷薫!?

屋上で目を覚ました清春は、取り囲む刑事たちによって喜志殺しの犯人として逮捕されてしまう。

駆けつけた班の仲間たちが「なんで清春が逮捕されるんだよ!」と抗議するものの、意識がぼーっとしたままの清春には聞こえない。

ぼんやりとしたまま連行されていく清春。
その最中で、薫とのやり取りを思い出していた。
薫に山小屋へ呼びだされた清春は、「十億円強奪事件の真相を伝える」と告げられる。

山小屋で碓氷薫に十億円強奪事件の真相を聞く清春

出典:ニッポンノワール

被疑者死亡で片がついているはずだと言う清春に、薫は「真犯人が別にいる」と語る。

真犯人は前科のある未成年の強盗団を使って東堂銀行から十億円を奪うように指示した。

清春に真相を告げようと思ったのは、事件の根底に克喜が関わっているからだと言う薫のセリフに清春は「何だと?」と反応する。

十億円強奪事件の真犯人は自分だと告白する碓氷薫

出典:ニッポンノワール

十億円強奪事件の真犯人は……わたしよ

才門が清春を救出

連行される清春のもとへ、バイクに乗った才門が現れる。

清春!Look at me!

周りにいた刑事たちに突撃し、蹴散らした才門は清春にヘルメットを投げて「乗れ!」と指示する。

一瞬ハッとなって後ろにまたがる清春。
そのまま才門に連れられて走り去っていった。

ニッポンノワール~刑事Yの反乱~
ニッポンノワール6話ネタバレ感想|克喜は人体実験の被害者だった! 十億円強奪事件の真犯人が碓氷薫という、衝撃の新事実が明かされた前話。 ニッポンノワールとベルムズ、克喜と接点のわからない繋...

ニッポンノワール5話の感想

 
まさかまさかの事実が告げられましたね!

十億円強奪事件の真犯人が薫とは予想していませんでした…。
けど確かに考えてみれば、ニッポンノワールの資金を盗むってことは敵対しているってことだし、ありえなくはない事実。

それにしても、十億円強奪事件と克喜との関係って何なんでしょうか。

陣内が言った”克喜がどうなっても知らないぞ”っていうのは誘拐とかを意味してるんじゃなくて、あの発作?と関係してる気がします。
 

ひつじ
ひつじ
清春がNNマークを見て毎回意識を失ったり、記憶を思い出す点からみても精神コントロールとかに携わってる組織なんじゃないかと予想!

 
きっと碓氷父は、ニッポンノワール側なんだろうなー。

 
ドラマの中で高砂と才門が同棲してるっぽい描写がありましたが、これに関しては高砂の片思い予想です!
それか利用されてるだけパターン。
このドラマ、どこから嘘でどこまで真実なのかわかりませんね!

 
そして喜志さんドラマの中で死亡フラグ垂れ流してたので、もしやとは思っていたけど本当に死んでしまいましたねー。

ゆめ
ゆめ
元カノとの再会と和解って、完全なる死亡フラグじゃないですか…

結局電話の相手は誰だったのかな。
情に厚い性格&庇おうとしたってとこを見る限り、ベルムズの誰かなんでしょうけど…。

このへんに関しては、またゆっくり考察したいと思います。

カテゴリ一覧
RELATED POST
ニッポンノワール~刑事Yの反乱~ ニッポンノワール

ニッポンノワール1話ネタバレ&感想|名越のキャラがぶっとび過ぎてる!

2019年10月13日
ドラマと映画のネタバレ・考察・感想ブログ
次々と人が死んでいく『あなたの番です』に続くサスペンスドラマとして、注目を集めていた『ニッポンノワール~刑事Yの反乱~』の放送が始まりました …