同期のサクラ

同期のサクラHuluサイドストーリー2話のネタバレ!|ファックス作戦の裏側とは?

同期のサクラネタバレ

今回リクエストのタミがのぞきみたのは、ファックス作戦の内容が決まるまでの裏側です。

百合は入院中なので、葵と廉太郎、菊夫がリクエストに集まって会議をします。
あの素敵なファックスがさくらに届けられるまでの裏側とは?

ゆめ
ゆめ
さっそくネタバレを紹介していきます。

同期のサクラHuluサイドストーリーネタバレ

 
子どもを産んだ百合が病室で提案したのは、サクラにファックスを送ることだった。

後日、廉太郎はリクエストに集まって作戦会議を開く。

”じいちゃんのファックスを再現する”

という案自体はとても素晴らしいが、肝心のサクラの家にファックスがない。

何をかいて、どう伝えるか?

じいちゃんのような名言なんて出てこないと頭を悩ませる2人。
 

葵は百合が子どもを出産する瞬間でさえもサクラのことを考えていたことに、どれだけ大切に思っているか伝わったと話し「すげぇよな…」とつぶやく。

俺にとってもサクラはかけがえのない存在だけど…と言う葵に、廉太郎は「まさかまだ好きなのか」とぎょっとする。
 

葵は百合に結婚を申し込んだけれど「まだサクラのことが好きなんでしょ。だから結婚はできない」と断られてしまったことを話した。

 
正直にサクラも百合も大切なんだと続ける葵。
どうしたらいいかと相談された廉太郎は、他の女を想ってるやつからプロポーズされて受け入れる女がどこにいるんだよとド正論を突きつける。

あまりの女ごころのわからなさに、顔が良いわりに同期の中でいちばん恋愛経験がないんじゃないかと言われた葵は挙動不審に。

廉太郎は、百合は葵の気持ちはわかっていて重荷になりたくなかったんだろうと続け
これまで通り社長を目指すことで何かできることが見つかるはずだと言う。

責任のとりかたなんて人それぞれなんじゃないか、という廉太郎の言葉に「さすが既婚者って感じだな」とにやつく葵。

 
そこへ、バスでやってきた菊夫がリクエストにたどり着く。

ファックスについて考えたかと言われた菊夫は、もう書くことは決めてるとドヤ顔してみせた。

何て書くんだと聞かれた菊夫は「知りたい?」とにやつき、集合のジェスチャーで顔を寄せさせる。
そして手を組んで決め顔で「俺と結婚しよう。お前は俺が幸せにする」と言うのだった。
 

葵が同じことして振られただろと廉太郎に指摘され、さっと血の気が引く菊夫。

「まさかあの日…!」と驚く菊夫を、廉太郎は「その話はさっき終わった」とバッサリ切り捨てる。

 
ファックスを買ってサクラの家に届けようかと提案する葵に、菊夫はそれじゃバレバレだろとダメ出しする。

代替案を出せと言われた菊夫は「もちろんあるよ」と、またしてもドヤ顔。
そして手で集合のジェスチャーをして、玄関の下から1枚ずついれたらファックスっぽくない?と提案した。

「いいね!」と盛り上がる葵たち。

じいちゃんを真似て筆で書こうという案までは順調に出たものの、気付かなかったらどうする?という問題が解決できない。

 
会話を聞いていたミタは、奥からファックスを持ってきてファックス音を鳴らしてみせる。

音をきいた葵は「これだ!電話してこの音を鳴らそう!」とひらめく。

ファックスを借りてもいいかと聞かれたミタは、「リクエストがあれば」と答えるのだった。

 
次は内容について頭を悩ませる3人。
菊夫はそれぞれ1枚ずつ書いて、最後に「じゃあまた明日」って書くのはどうかと提案する。

案がまとまった3人は、タミにお代を払ってリクエストを出ていった。
その後ろ姿をやさしく見守るタミ。

カウンターには『閉店のお知らせ』と記された紙が置かれていた。

その紙をタミがめくると『続く』という文字が出てきて、終わる。

同期のサクラHuluサイドストーリーの感想

 
菊夫の集合ポーズからの、鼻の穴ふんって開いたドヤ顔(にやけ顔?)がめちゃくちゃ面白くて同じパターンに何度も笑わされてしまいましたw

百合があの作戦をすべて提案したわけじゃなくて、みんなで知恵を出しあった結果だったんですね。

ひとりひとり筆跡も違って、「じゃあまた明日」で締めくくられてるのは本当に胸がぎゅっとなりました。

 
ついに本編でもサクラの目が覚めましたし、これからどうなるのかドキドキです!

カテゴリ一覧