10の秘密

【意味不明】「10の秘密」登場人物のイライラするところまとめ

2020年冬ドラマ10の秘密

娘の誘拐をきっかけに、主人公をはじめとする登場人物たちの秘密が暴かれていくサスペンスミステリー「10の秘密」

主演を向井理さん、その元妻役に仲間由紀恵さんとキャスト陣は豪華なのですが、

視聴者からは「イライラする…」との声が続出しています。

ゆめ

話は好きだけど、イラっモヤっとする箇所が多々あるのは大いに同意!

今回は、視聴者がどんなところにイライラしているのか各登場人物の”イラっとポイント”をまとめてみました!

「10の秘密」登場人物にイライラするポイントまとめ

各キャラごとに、視聴者がイライラしてるポイントをまとめていきます。

一部ネタバレを含む内容となっているので、未視聴の人は注意してください!

どこまでも誠実ぶる白河圭太にイライラ

  • 嘘つきなのに誠実ぶる
  • 母親が誘拐犯だって言えばいいのに、言わない
  • 生活カツカツのくせに習い事させる
  • 保身に走りすぎ

生活費カツカツのくせに娘に習い事させるのは、親心だと考えればギリ許容できるけど……誠実ぶったクズですよね。圭太って。

他の視聴者も、それをひしひしと感じ取っていたようで、イライラの声が集中していました。

https://twitter.com/aya19890414/status/1224685300837806080

4話の最後にナレーションされた”誠実でありたいがために嘘を明かしてしまう…”って部分は「いやいやいやいや」ってなりましたね。

圭太のついた嘘はもう誠実がどうとか、そういう問題じゃない!

それに保身のために嘘をついたくせに、遺族にお金を送るという中途半端な偽善者っぷりがイライラを加速させました。

ゆめ

誘拐犯だって言えばいいじゃん!は本当に思った。
傷つけたくないって気持ちもわかるけど、父親が母親に暴力振ろうとしてた時点でどちらにせよ傷つくし、育ての親のそんな一面見たくなかったはずだよ…

自己中心的な白河瞳にイライラ

  • 自分のことしか考えてない
  • 男手ひとつで育ててくれた圭太を信じる気全くなくてイライラ
  • 誘拐されたばっかりなのに緊張感なさすぎ

次に瞳!
まあね、いろいろ思いつめてんのはわかるよ。わかるけどさ。

仮にもシングルファーザーとして男手ひとつで育ててくれた圭太を信じようとしないところは、本当にイライラ。

10年前の火事に関しても、瞳の気持ちは痛いほどわかるけど嘘をついたのは”自分のため”でもあることを失念してますよね(圭太たちの保身も半分以上あったと思うけど)。

育ててくれた圭太を信じないわりに、ピンチを救ってくれた母親をあっさり好きになったり翼を信頼したり…

と圭太をないがしろにするところが、どうも好きになれません。

俯瞰的に物事をみている視聴者視点では、母親にあっさり騙されんなよ!というイライラが多く見受けられました。

ゆめ

中学生だし視野が狭いのは仕方ないのかなと感じる部分はあっても、それでもやっぱりイライラしちゃいますね

あと仮にも誘拐されたのに、平然と夜で歩いたり危機感なさすぎ…。

まとめ

ゆめ

主人公の圭太や娘の瞳に、イライラが集中砲火!

ある意味ここまで視聴者をイラつかせられるのも、向井理さんの演技のたまものですね。

嘘と真実を通して2人の成長を描くのか、このままイラつくキャラ設定のまま進むのかはわかりませんが怖いもの見たさで結末を見届けたいと思います(笑)

カテゴリ一覧