10の秘密

「10の秘密」1話ネタバレ感想・各キャラごとの秘密まとめ!|予想以上の本格ミステリー

2020年冬ドラマ10の秘密

2020年冬ドラマ「10の秘密」がスタートしました!

ミステリー好きなので、とても楽しみに待ってたドラマの1つです。

視聴した感想は、大満足!の一言。

予想以上の本格ミステリーでした。
今のところ自分の中で1,2位を争うくらいの面白さ。

この記事では、

  • 「10の秘密」1話のネタバレ
  • 視聴後の感想
  • 判明したこと

をまとめています。

「10の秘密」1話ネタバレ

矢吹が飛び降り自殺!

物語は、圭太の元妻・由貴子仲間由紀恵)が今にも飛び降りそうな男(矢吹)を引き止めるシーンから始まります。

矢吹は手にライターと手帳?を持っていて、由貴子の「私が何とかする」という説得もむなしく、建設中の建物から身を投げてしまいました。

向井理がシングルファーザーに!

主人公・白河圭太向井理)は14歳の娘・山田杏奈)と2人で暮らすシングルファーザー。

瞳を育てるために残業の少ない職場へ転職するなど、苦労はあったものの瞳とは何でも言い合える良好な関係を築き上げていました。

節約レシピで家計をやり繰りしつつ、家のローンや塾の月謝、部費などを払っていた圭太。その日、学校から帰ってきた瞳は夕食のあと「来月受けたいレッスンがあるから受けさせてほしい」と頼みます。

圭太は二つ返事でOKし、夕飯の片づけを瞳がやっている間に元妻・由貴子のSNSの投稿を確認することに。

由貴子はセレブの仲間入りをし、相変わらず煌びやかな生活を送っているようでした。
瞳もたまに見てるらしく、「新車買ったんだって」「タワマンの最上階の一番広い部屋を買ったらしいよ」などと情報をくれます。

「すっげぇな…」と苦笑いする圭太。
瞳は自分が原因で2人が別れたのではないか?と気にしているようで、性格の不一致だと聞いても納得のいかないような表情を浮かべていました。

由貴子は瞳がまだ幼い頃に、「もっと上を目指したい」と言って家を出てしまい、それっきり。過去を思い出した圭太は、苦い表情でスマホを机に伏せます。

翌日。
建設中物件の安全性確認を終えた圭太は、帰る途中に水戸から呼び止められ他のマンションの検査日を早めて欲しいと頼まれます。

圭太は再来週まで待ってもらわないと、と断りますが水戸は「会社に内緒の金で謝礼をはずむ」と言って引きさがりません。

ゆめ

ポケットマネーってこと…?
そこまでして、となると裏がありそう

圭太がなんとか水戸をかわしていると、スマホに非通知から着信が入ります。

電話に出ると、男の声で「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子探せ」と言われた圭太。

冗談か何かだと思って「何言ってるんだ」と笑うと、男の後ろから瞳の叫ぶ声が…!

焦りだす圭太に、男は「警察に行ったら娘を殺す」と言い残し、電話を切ってしまいます。

元妻・由貴子も行方知れずに

慌てて由貴子の勤めていた弁護士事務所に行くと、先週いきなり退職したと知らされます。

引継ぎもせず、急に音信不通になったと話す代表の言葉に、何がどうなっているのか混乱する圭太。

「まさか本当に誘拐…?」

ここまできても半信半疑の圭太は、学校に「至急娘と話したい」と連絡します。
しかし電話に出た担任いわく、瞳は登校していないとのこと。

学校に出向いた圭太は、担任から

  • 「風邪で休む」と男性の声で電話があったこと
  • 圭太の声だと思って了解してしまったこと
  • ここ最近、休みがちだったこと

を伝えられ、パニックに。

担任は瞳の友人・真衣を呼びだして何か知らないかと訊ね、真衣は瞳が2か月前から部活にきていないことや、塾もとっくに辞めたことを話します。

ゆめ

何でも知っていると思っていた相手のことを、何一つ知らなかったと知ったときのショックは大きいだろうなぁ

瞳から着信が入る

次に圭太が訪れたのは、幼馴染・菜七子仲里依紗)の家。

圭太は、おじさん・おばさんに心配させないよう「瞳が寄ってないか」とだけ聞き、出ていきます。

そんな圭太の異変を察知した菜七子は、後を追いかけて事情を聞き出します。

話を聞いた菜七子は、圭太に付き添って警察へ。


警察はすぐ行方不明事件として捜査に立ち上がりますが、そこへ瞳から着信が入ります。

スピーカーにして電話に出ると、瞳は

「さっきのは嘘。しばらく帰りたくないの。探さないで」

といって電話を切ってしまいました。

警察は”家出人”として届けを出したほうがいいと言い、戻ってしまいます。

警察署から出てきた2人を、怪しい男が見張っていました。

瞳の秘密

自宅に帰った圭太は、瞳の部屋をあさって日記を探し始めます。

菜七子は「今どき書くなら、こっちじゃない?」とiPadを指します。

iPadにはロックがかかっていました。圭太は瞳の誕生日・自分の誕生日を入力して試しますが、開きません。

菜七子が「由貴子さんの誕生日は?」と提案すると、圭太は「家族を捨てた女だぞ?特に瞳は嫌ってたし…」と否定します。

しかし試してみるとiPadのロックは解除され、ホーム画面に。

瞳の鍵つきSNSには、

  • 「誰にも本音を言えない」
  • 「父親は特に信用できない」
  • 「母親はセレブだから、相談できない」

といった内容が書かれていました。

信頼関係を築いてると思っていた圭太は、ショックをうけます。


SNSに投稿された写真をみた菜七子は、ここ2ヶ月にわたってある男の写真がアップされ続けていることに気付きました。

どこかのライブハウスっぽい店内で、やたらと親し気な2人の写真に圭太は怒ります。

2ヶ月前といえば、瞳が部活などを休みだした時期と同じ。圭太は「この男が瞳をそそのかしたんだ」と言い出します。

「家出っていったって、お金あるの?」

と訝しむ菜七子。

心当たりのある圭太は、瞳の机にしまわれていた通帳を確認します。

お金を貯めたらお父さんをハワイにつれて行ってあげる!とお年玉を半分貯金していた瞳は、ほぼ全額をおろしていました。

またしてもショックを受ける圭太のもとへ、瞳から電話がかかってきます。

しかし、声の主は誘拐を伝えたときの男で

「警察に行くなといったはずだ。
次こそ娘の命はない。隣にいる女にも言っておけ」

という内容でした。
ずっと監視していたかのような内容に、慌てて外に飛び出す圭太。

しかし男の姿はなく、代わりに菜七子が地面に落ちている瞳のスマホを見つけます。

圭太は瞳を助けるため、由貴子を探す決意をするのでした。

借金まみれの偽セレブ生活

瞳が怪我したことにして会社を早退した圭太は、由貴子が住んでるタワマンに押しかけます。

受付に「元夫だから連絡を取ってくれ」と言っても、自分で連絡を取ってくださいと相手にしてくれません。

ひつじくん

そりゃそうだよな

困り果てていると、帝東建設の宇都宮という人物が声をかけてきます。

彼は由貴子が帝東建設の顧問弁護士で、交際もしていたといいます。

合鍵を渡されているらしい宇都宮は「良かったら部屋見ますか?」と圭太を由貴子の部屋へ招きいれました。

部屋には、ほとんどの荷物が残されていました。

宇都宮は、由貴子は消える直前に「探さないで」とメールを送ってきたきり、スマホも解約して音信不通だといいます。

由貴子の部屋を調べてわかったのは、かなりの借金があったらしいということ。

大量の督促状を見た圭太は、稼いでいたはずなのにと愕然。
SNSにアップされていた煌びやかな人々も、ほとんどが写真を撮るためだけの見せかけの友人だったとわかります。

舐められたら終わり。人脈も見栄も、買えるものは買う

常々そう言っていたと話す宇都宮に、圭太は呆れたような怒りのような表情を浮かべました。

宇都宮は「由貴子が誰かに脅されていたかもしれない」とも話します。

  • 誰かと電話しながら、「いい加減にして」と声を荒げていた。
  • 「10年も前の秘密、もう忘れて」とも言っていた


10年前と聞いた圭太は、燃えさかる小屋?のようなものを思い出します。

宇都宮と電話番号を交換した圭太はタワマンから出ると由貴子の部屋を見上げ、「脅されていたのか、あのことで…」とつぶやきます。

由貴子は借金を重ねていた

由貴子の故郷をおとずれた圭太は、昔結婚の報告をした食事処の店主に声をかけ話を聞くことに。

圭太が由貴子の実家があったアパートに誰も住んでいなかったことを話すと、母親は孤独死していたと伝えられます。

由貴子は1度も顔を出さなかった、でも無理もないよなと話す店主。

ですが先月、あれだけ故郷を嫌っていた由貴子が街中を高利貸しの人間と歩いていたと続けます。

由貴子と歩いていた高利貸し業者・永盛をたずねた圭太は、由貴子の写真を見せてどこにいるか問いかけます。

由貴子は永盛からの借金返済も滞らせているようでした。

元旦那だというと、借金返済するなら話くらいは聞いてやると言う永盛。
そんな金はないと答えるとつまみ出されそうになります。

圭太が手持ちのお金で利息ぶんを払うことで、ひとまず騒ぎは収まり盛永が話をしてくれることに。

永盛は由貴子から、一千万貸して欲しいと頼まれたといいます。
しかし生活が破綻していることは調べがついていたので、実際に貸したのは50万円。

永盛いわく、タワマンの所有権も取られていて、車はレンタル。何もかもが借り物の、偽物のセレブ生活だといいます。

永盛の話を聞いた圭太は、むかし由貴子と「上を目指そう」と約束したことを思い出していました。

永盛の店をでて、すっからかんになった財布に舌打ちをしたタイミングで今度は水戸から電話がかかってきます。

内容は、やっぱり検査を来週の前半に前倒ししてくれないかというものでした。

「だからそれは…」と断ろうとする圭太。
しかし謝礼金をすでに用意したと言われ、「金額はいくらですか?」と聞いてしまいます。


圭太と由貴子の10年前の秘密とは?

その後も、街で道行く人に由貴子の写真を見せては見覚えがないかと聞く圭太。
ですが誰も知らず収穫はありませんでした。

そこへ犯人から電話が来て、「残り1日。必ず見つけろ」と催促されます。

瞳の声を聞かせろと要求すると、「怖いけど無事だよ」と話す瞳。

圭太が帰ると、自宅の前で真衣と菜七子が待っていました。

真衣は写真の男・なら事情を知っているかもと言い、瞳がお父さんを信用できないと言っていたことを伝えます。

瞳はお父さんがすごく大切な秘密を隠していると言っていて、そのことを聞くためにお母さんと連絡を取っていたらしいと続ける真衣。

真衣が帰ったあと、菜七子は翼の店がどこかわかるかもしれないから自分に任せて欲しいと伝えます。

そして先ほど、真衣の言っていた秘密とは何なのかと聞く菜七子。

「ひとりで隠すのはしんどいでしょ、わたし聞くから言っちゃいなよ」

という甘い言葉に、圭太は口を開きかけますが、由貴子に誰からも隠し通す覚悟はあるのか隠しきれない罪が一番罪深いと言われたことを思い出して「さぁ、瞳なにか勘違いしたんだな」と誤魔化します。

瞳が誘拐されたのは、由貴子が知った何かが原因?

その頃、瞳はどこかの部屋の一室に閉じ込められていました。
特に拘束はされていない代わりに、逃げたら母親や父親が殺されると脅されていました。

宇都宮が帝東建設に戻ると、部下の磐城高島豪志)から「長沼社長が呼んでいます」と伝言が。

宇都宮が社長室へ向かうと、長沼佐野史郎)が由貴子は見つかったのかと進展具合を確認してきます。

元夫と接触したと話す宇都宮。
長沼は「もし手を組まれたら…」と心配しますが、宇都宮は「思っていたより凡庸な男だったから大丈夫」だと笑います。


由貴子は何かを知り過ぎたため、危険視されているようです。
宇都宮は長沼の指示で、由貴子を探していたのでした。

社長室から出てきた宇都宮を、磐城は心配します。
長沼は失敗を許さない性格ゆえに、これまで何人も切り捨ててきたようです。

宇都宮や「失敗なんてしてないから」と磐城の肩を叩き、通り過ぎようとしますが…
その寸前で磐城に呼び止められます。

見せられたのは、死んだ矢吹のマンションに残された監視カメラ映像。
3日前の映像だというそれには、由貴子の姿が映っていました。

矢吹の部屋には警察の規制がかけられている状態。
数日以内に鍵は手に入る予定ですが、宇都宮たちもまだ入れていないようです。

由貴子はまだ近くにいると確信した宇都宮は、磐城を連れて探しに行きます。

社長室では、長沼が「帝東建設の社員が飛び降り自殺」と題された新聞記事を見ていました。

元妻との再会

おそらく依頼主から電話を受けたのであろう誘拐犯・二本松遠藤雄弥)は手荒なことは何もしていない、あとは計画通りにと答えます。

誘拐から3日目の朝。
圭太の元には、「タイムリミットは残り1日」という催促の電話が。

圭太はSNSにアップされていた写真の人物たちに、手あたり次第声をかけて回ります。
しかし建前上の友人というのは本当のようで、誰も由貴子と連絡を取っていませんでした。

そこへ、またしても非通知から電話がきます。
出てみると、電話相手は由貴子でした。

圭太は瞳が誘拐されたことを伝え、「今日中にお前を見つけないと、瞳を殺すって」と続けます。
由貴子は犯人に心当りがあるから、直接行って瞳を取り戻すと告げます。

圭太は由貴子の身を案じ、秘密を全部話せと迫ります。

何も答えない由貴子。
圭太はふと上げた橋の上から、自分を見下ろす由貴子をみつけます。

スポンサーリンク

「10の秘密」1話感想:期待通りの本格ミステリー

ゆめ

かなり期待できそうな本格ミステリーで大興奮でした!

物語にぐいぐいと引きこまれて、夢中で見てしまいましたね~。


”秘密”という、誰しもが持っている身近なものをテーマにしているのがいいと思います。

登場人物のほぼ全員が何かしらの秘密を抱えているようですし、今度どんな形で暴かれていくのか楽しみです。

向井理が演じる白河圭太は本当にいいパパ?

彼について気になったのが、やたらと舌打ちすること!
いっけん温厚そうないいパパっぽいですが、本当に穏やかな人が常習的に舌打ちなんてするのかな?

ゆめ

跡何かと「瞳のため」と繰り返すのが、恩着せがましいというか…

本当に圭太は娘第一主義の素敵なお父さんなのだろうか。
そう見せるために、瞳を利用しているようにも見えます。

実はダークな一面があったりして…!

キャラクターが「君が心に棲みついた」の星名さんとダブる

いっけん良い人なんだけど、裏では「ちっ」て悪態ついてるところが、星名さんとダブって仕方なかったです(笑)

スーツ姿だったら、きっと星名さんにしか見えなかった。
作業着似合ってないけど、やっぱいい男ですね。

瞳は何に気付いたのか?

鍵となりそうなのが、瞳の言っていた「圭太の秘密」ですよね。
2人が離婚した理由を自分のせいかもしれないと考えていたようですし、瞳にまつわる何かしらの秘密を握ったのかもしれません。

瞳は何を知ったのか、気になりますね~!

「10の秘密」1話で判明したことまとめ

1話からかなりのボリュームで、多くの秘密が明らかになりました!
判明したことが多すぎるので、登場人物ごとにわけてまとめたいと思います。

仙台由貴子の明らかになったこと
  • 由貴子は多額の借金を抱えていた
  • セレブ生活は嘘で、家も車も全部借り物
  • 大手建設会社・帝東建設の顧問弁護士だった
  • 矢吹が自殺する現場を目撃している
  • 10年前の秘密を圭太と共有
  • 母親の葬式にも出ないほどの確執があった
白河圭太の判明したこと
  • 一級建築士の資格を取った直後に離婚し、建築確認検査員になった
  • 10年前の秘密を由貴子と共有
  • 燃える小屋の記憶をフラッシュバックさせていた
白河瞳の判明したこと
  • 塾をとっくの昔に辞めていた
  • 特別レッスンを受けたいと言ってた部活も2か月前からいっていない
  • 学校も休みがちになっていた
  • ライブハウスの翼という男と2か月前からよく会っている
宇都宮の判明したこと
  • 由貴子と付き合っていた(らしい)
  • 帝東建設の社長に由貴子を探すよう命令されている
  • 由貴子の部屋の鍵を持っていた

考察については、別途記事を用意する予定です。

ゆめ

しばらくお待ちください!

また10の秘密にはチェインストーリーがあることを知っていますか?
1話放送後に公開された「囚われの秘密」ネタバレはこちらをご覧ください!

2020年冬ドラマ10の秘密
「10の秘密」チェインストーリー1.5話のネタバレ|真衣は瞳に何を聞いた?翼の正体は?2020年冬ドラマ「10の秘密」チェインストーリー1.5のネタバレです。無料視聴する方法も解説しているので、ぜひご覧ください!...
2020年冬ドラマ10の秘密
10の秘密2話ネタバレ感想|圭太は誰のフリをしているのか?深まる秘密!2020年冬ドラマ「10の秘密」2話ネタバレと感想!白河圭太(向井理)の不可解な行動に謎は深まるばかり!由貴子(仲間由紀恵)にも、まだまだ秘密が?...
カテゴリ一覧